サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年3月

国際宇宙連盟(IAF)60周年イベントに若田宇宙飛行士参加

最終更新日:2011年4月22日

メディアイベントにおいて質問に答える若田宇宙飛行士(中央)(出典:JAXA)

若田宇宙飛行士は、フランスのパリにある国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部にて、国際宇宙連盟(International Astronautical Federation: IAF)の60周年を記念して開催されたセレモニーとメディアイベントに参加しました。

メディアイベントの冒頭で、若田宇宙飛行士は、IAFへの日本の貢献について語るとともに、東日本大震災の被災者の方々へのお見舞いの言葉を述べ、震災への日本の衛星技術の貢献について語りました。

若田宇宙飛行士は、各国の報道関係者から質問を受け、宇宙における経験のうち、人々と共有したいものを聞かれると、地球の美しさを挙げ、「初めて宇宙から地球を見たときに、この美しい惑星に生を得た事に大きな幸運を感じるとともに、地球の環境を人類は守っていく責任があると感じた。」と語りました。また、宇宙開発の歴史を振り返り、「ガガーリンなどの偉大な先人、またその活動を支える多くの人々のおかげで、成り立っている。感謝したい。」と語りました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約