サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2010年11月

宇宙飛行士候補者訓練

最終更新日:2010年12月28日

油井、大西、金井宇宙飛行士候補者は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)を拠点とした、米国での宇宙飛行士候補者訓練を継続しています。

油井宇宙飛行士候補者は、T-38ジェット練習機での飛行訓練、語学訓練を中心に行いました。その他、国際宇宙ステーション(ISS)滞在中の運用を模擬したシミュレーションを実施し、ISSの定常時の運用方法や、起こりうる異常への対処方法などを確認しました。

大西宇宙飛行士候補者は、船外活動訓練を中心に行いました。JSCの無重量環境訓練施設(Neutral Buoyancy Laboratory: NBL)のプールで、訓練用の船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit: EMU)を着用して、ISSでの船外活動作業を模擬した訓練を実施しました。

金井宇宙飛行士候補者は、ISSのシステムに関わる訓練を中心に行いました。ISS内の空気の組成や温度・気圧を制御する環境制御・生命維持システムや、ISSの排熱システムについて学んだほか、生活していく上で必要になる宇宙食を温める装置の使い方や、トイレの使い方について講義を受けました。また、ISSで火災、急減圧、空気汚染などの緊急事態が発生した際の対処方法や、その対処方法の背景にある考え方を講義と実技を通して学びました。

約半年間に渡るISSシステムに関する訓練も佳境に入り、毎週のようにテストが行われています。T-38ジェット練習機による飛行訓練やロシア語・英語の訓練も継続しており、忙しいですが、少しずつ宇宙飛行士としての技能が身についてきているのを感じます。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約