サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2010年1月

宇宙飛行士候補者訓練

最終更新日:2010年2月25日

油井、大西、金井宇宙飛行士候補者は、米国での宇宙飛行士候補者訓練を継続しています。

今月からは、T-38ジェット練習機での飛行訓練が開始されました。NASAジョンソン宇宙センター(JSC)の近隣にあるエリントン空港にて、T-38ジェット練習機の操縦方法などについての講義を受けた後、実際に飛行訓練を行いました。T-38ジェット練習機での飛行訓練については、宇宙飛行士に必要な資質を身に付ける訓練として、今後も継続して行われます。

また、JSCでは、スペースシャトルに関する講義やシミュレーションを実施し、クルーの操作や協調運用の重要性について理解を深めました。

その他、アリゾナ州のヒラベンドで地質学の実地研修を行いました。

フォトライブラリへ
フォトライブラリへ
フォトライブラリへ

T-38ジェット練習機に搭乗する油井(左)、大西(中央)、金井(右)宇宙飛行士候補者

T-38での飛行は、約15年ぶりでしたが、すぐに慣れることが出来ました。さまざまな改修が行われ、以前より飛行し易くなっているように感じました。フライト以外にも、地質学など新しい内容が目白押しですが、仲間達と協力しながら楽しく訓練出来ています。


1月からT-38飛行訓練が開始されました。民間旅客機との違いに戸惑いもありましたが、それも最初のうちだけで、初めての超音速飛行や宙返りを体験するなど、久しぶりのフライトを楽しみながら訓練に臨んでいます。今後は、状況判断力や前席パイロットとの チームワークを重点的に磨いていこうと思います。
来月からはロシア語訓練が開始されるなど、2010年に入りいよいよ訓練の密度も濃くなってきました。引き続き3人で力を合わせて頑張りたいと思います!


飛行訓練は、昨年10月~11月に行われた、T-6というターボプロップ練習機に引き続き、2度目となります。
もともとは医師として病院で働いていたので、飛行訓練は未知の分野で苦労していますが、経験豊かな教官や、一緒に訓練中の油井さん・大西さんにアドバイスを受けながら、頑張っています。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約