サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2009年8月

NASAでの宇宙飛行士候補者訓練開始

最終更新日:2009年9月25日
フォトライブラリへ

ASCAN訓練の開講式で訓練に向けた抱負を語る油井(左)、大西(右)両宇宙飛行士候補者

国内での基礎訓練を終えた油井、大西両宇宙飛行士候補者は、8月に渡米し、NASAが実施する宇宙飛行士候補者(AStronaut CANdidate: ASCAN)訓練を開始しました。

油井、大西両宇宙飛行士候補者は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて開催されたASCAN訓練の開講式に、国際宇宙ステーション(ISS)計画に参加する各極の宇宙飛行士候補者とともに参加し、訓練に向けた抱負を語りました。油井、大西両宇宙飛行士候補者は、今後2年程度NASAで訓練を行います。

開講式後には、米国メイン州にある米海軍の施設で行われた地上サバイバル訓練にASCANのメンバーとともに参加しました。

フォトライブラリへ

サバイバル訓練に参加する大西宇宙飛行士候補者(奥から2番目)

フォトライブラリへ

サバイバル訓練に参加する油井宇宙飛行士候補者(手前)

この訓練は、今後開始されるT-38ジェット練習機操縦訓練において、飛行時に異常が発生し、緊急脱出した際に、救助が来るまでの間のサバイバル技術を習得することを目的としています。

訓練では、地図とコンパスを用いた目的地への移動方法や怪我などの救急手当、パラシュートや雨具を用いたシェルターの作り方、火の起こし方などの技術を身につけるとともに、ASCANメンバー内のチームワークを深めました。

米国でのASCAN訓練が開始されました。新しいクラスメートも素晴らしい方々ばかりで、仲良く訓練に励んでいます。9月以降、ISSやロボットアームの訓練が開始される予定ですが、新しい仲間達と協力しながら、乗り越えていきたいと思います。


ヒューストンに来て約1ヶ月が経ちました。毎日がとても新鮮で、一日一日を楽しく過ごしています。今月は陸上サバイバル訓練がありましたが、民間出身の私にとっては何もかもが初めての経験で、テントやシェルターでの寝泊りを通じてアメリカ・カナダのASCAN同期の仲間たちと親睦を深めることが出来ました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約