サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2009年6月

ロシアでのISS長期滞在訓練

最終更新日:2009年7月31日
フォトライブラリへ

ソユーズ宇宙船のドッキング訓練を行う野口宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

国際宇宙ステーション(ISS)の第22次/第23次長期滞在クルーである野口宇宙飛行士は、バックアップクルーの古川宇宙飛行士とともに、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)とRSCエネルギア社にて、ISSのロシアモジュールやソユーズ宇宙船に関わる訓練を行いました。

野口宇宙飛行士は、ISSで緊急事態が発生した際のシステム運用手順や急減圧への対応手順について訓練を行いました。その他、ロシアモジュールの生命維持システムや水供給装置や調理設備の使い方について学びました。ソユーズ宇宙船に関わる訓練では、シミュレータを使用してソユーズ宇宙船を手動操縦でISSにドッキングさせる訓練や、打上げ時の緊急脱出用ロケットについて講義を受けました。

フォトライブラリへ

MRM2の機器を確認する古川宇宙飛行士(中央)(©S.P.Korolev RSC Energia)

フォトライブラリへ

MRM2の訓練に参加する野口宇宙飛行士(左)(©S.P.Korolev RSC Energia)

古川宇宙飛行士は、ISSで急減圧が発生した場合の対応手順、ソユーズ宇宙船の手動操縦でのドッキングについて訓練を行いました。

また、野口、古川両宇宙飛行士は、ロシア、NASAの宇宙飛行士とともに、ロシアの小型研究モジュール2(Mini-Research Module2: MRM2)に関わる訓練を行いました。MRM2について熟知するために、実際に宇宙に打ち上げられるフライトモデルに触れながら説明を受け、作りや機器の配置を確認しました。MRM2は、2009年11月に打ち上げられ、ISSに取り付けられる予定です。

野口聡一宇宙飛行士
古川聡宇宙飛行士
JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約