サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2008年6月

ISSでの第20次長期滞在に向けた船外活動訓練

最終更新日:2008年7月22日
フォトライブラリへ

訓練に備える野口宇宙飛行士(提供:NASA)

国際宇宙ステーション(ISS)の第20次長期滞在クルーである野口宇宙飛行士は、ISSでの長期滞在に向け、第19次長期滞在クルーの二コール・ストット宇宙飛行士とともに、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)の無重量環境訓練施設(Neutral Buoyancy Laboratory: NBL)のプールにて、船外活動訓練を行いました。

訓練では、ISSの廃熱を担う機器の一部である、ラジエータにアンモニア冷媒を供給するフレックス・ホース・ロータリー・カプラー(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)と呼ばれる機器の交換作業など、長期滞在中に実施する可能性のあるISSのメンテナンス作業について訓練を行いました。ISSのメンテナンス作業は、ISSでクルーが生活し、実験を行っていく上で、非常に大切な作業となります。

ISS長期滞在
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約