サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年11月

ISS火災発生時の緊急対応訓練

最終更新日:2007年12月25日
フォトライブラリへ

火災の発生場所を探る野口宇宙飛行士

フォトライブラリへ

出火場所の確認をする若田宇宙飛行士

若田、野口両宇宙飛行士は、第18次長期滞在クルーのバックアップクルーのひとりであるNASAのティモシー・クリーマー宇宙飛行士とともに、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在時にISSで火災が発生した際の緊急対応手順について訓練を行いました。

訓練は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にあるISSの実物大の訓練施設で行われました。実際の火災を想定して煙が発生する中で、防煙マスクを着用し、煙探知機を使用してどこで火災が発生しているのか突き止め、消火作業を行うという対応手順や他のクルーの所在を確認する手順について確認しました。

ISS長期滞在
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約