サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年9月

ISS運用シミュレーション訓練

最終更新日:2007年10月26日
写真:より大きな写真へ

「ユニティ」(第1結合部)のモックアップ内で作業を行う若田(左)、野口(右)両宇宙飛行士

若田、野口両宇宙飛行士は、第18次長期滞在クルーのバックアップクルーのひとりであるNASAのティモシー・クリーマー宇宙飛行士と共に、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて、国際宇宙ステーション(ISS)での活動を模擬したシミュレーション訓練を行いました。

訓練は、実際の運用を模擬するために、ISSの実物大の訓練施設を用い、ISSの飛行管制を行うミッションコントロールセンターを訓練教官が模擬する形で行われ、4時間にわたり第18次長期滞在クルーのISSでの活動を模擬した訓練が行われました。

写真:より大きな写真へ

ユニティのモックアップ内で作業を行う若田宇宙飛行士

若田宇宙飛行士はアマチュア無線による地上との交信や環境制御機器の確認、野口宇宙飛行士はISS内の機器の予備品の在庫確認や消火器の点検など、タイムラインに沿ってミッションコントロールセンターと連絡を取りながら各自の作業をこなしていきました。

長期滞在の訓練を若田宇宙飛行士と一緒に続けています。
講義が多かった1年目に比べ、2年目はシミュレーションが増えて実践的になってきました。今回の訓練は若田宇宙飛行士、クリーマー宇宙飛行士と共に3人で参加しました。それぞれがタイムラインに従って地上と連携を取りながら作業を進めていき、実際のISS運用の雰囲気を感じることができました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約