サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年7月

ロシアでの長期滞在訓練

最終更新日:2007年8月29日
写真:より大きな写真へ

帰還モジュールのシミュレータ内で訓練を行う若田宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

第18次長期滞在クルーとして国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する予定の若田宇宙飛行士とバックアップクルーを務める野口宇宙飛行士は、ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)と黒海沿岸にてISS長期滞在に向けた訓練を行いました。

GCTCでは、ISSを構成するロシアモジュールの電力システム、火災検知・消火システム、姿勢制御・航法システムや、ソユーズ宇宙船の構造・装備や生命維持システムについて、運用能力の習得を目的に講義やシミュレータを使用した訓練を行いました。

また、黒海沿岸では水上サバイバル訓練を行いました。

水上サバイバル訓練とは、ソユーズ宇宙船の帰還モジュールが打上げ・帰還時に海上に不時着した場合を想定し、救助が到着するまでの間、水上で生存するための技術を習得するための訓練です。

写真:より大きな写真へ

訓練後、海から上がった野口宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

写真:より大きな写真へ

帰還モジュールから脱出する若田宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

今回の訓練では、ソユーズ宇宙船の帰還モジュールから海面へ脱出する技術やサバイバル技術などを習得しました。帰還モジュールから脱出する訓練では、打上げ・帰還時に着用する与圧服を着て帰還モジュールに乗り込んだ後、海上に浮かべた帰還モジュールの中で、脱出用の防水・防寒用の衣服に着替え、サバイバルキットを携帯してハッチから海面に飛び込む実技を行いました。また、緊急事態を想定し、帰還モジュール内で衣服は着替えず与圧服のままでフローティング装備(緊急用浮き袋)のみを装着して脱出する訓練も行いました。脱出後は、海上で救助を待つ間のフォーメーション(隊形)の組み方についても訓練を行いました。

ソユーズ宇宙船の水上サバイバル訓練では、海上の波に揺られる状態で、窮屈な宇宙船の中で帰還時に着ていたソコル宇宙服から防寒・防水用の衣服に2時間以上掛けて着替えた後脱出しなければならないため、搭乗する宇宙飛行士3人のチームワークがとても大切です。炎天下のため、宇宙船の中はまるでセーターとコートを着てサウナの中に何時間もいる感じでした。大掛かりなサバイバル訓練ですが、宇宙飛行士の健康管理や訓練器材の運用も含め、ロシア・ガガーリン宇宙飛行士訓練センターの訓練チームのてきぱきとした効率的な作業が印象的でした。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約