サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

回収技術獲得に向けた模擬小型回収カプセルによる高空落下試験の結果について

最終更新日:2015年10月22日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、国際宇宙ステーション(ISS)で行われる宇宙実験の貴重なサンプルの回収手段と頻度の拡大および利用成果の最大化を目指し、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)搭載型の小型回収カプセルに向けた技術開発を進めています。

この小型回収カプセルの技術開発の一環として、小型回収カプセルの模擬模型による高空落下試験を北海道大樹町の沖合で行いました。平成27年10月22日(木)午前10時46分頃に回収カプセルをヘリコプターから切り離し、同日10時49分頃に回収カプセル(模型)は着水しました。

パラシュート等は正常に作動し、模擬小型回収カプセルによる落下試験は無事終了しました。今後、実験データを解析し、小型回収カプセルの実現に向けて研究を進めていきます。

高空落下試験の概要

  • 北海道の大樹町沖合において、高度2kmの上空から小型回収カプセルの模型を落下する。
  • 今回の落下試験では、小型回収カプセルの実現のために重要な機能の一部であるパラシュートやカプセル着水後の浮き袋の作動の確認、および落下中のカプセルの速度、パラシュートが開いた時や着水した時の衝撃等を計測することが目的である。
  • 試験で取得したデータを解析して今後のパラシュート機構の設計およびカプセルの全体設計に反映し、「こうのとり」を用いた回収技術の確立を目指す。

10月20日 落下試験二日前の作業状況

写真:試験準備作業

試験準備作業

写真:準備の様子

準備の様子


10月22日 落下試験の状況

写真:準備作業(大樹航空宇宙実験場)

準備作業(大樹航空宇宙実験場)

写真:準備作業(大樹航空宇宙実験場)

準備作業(大樹航空宇宙実験場)


写真:カプセル吊り上げ(大樹航空宇宙実験場)

カプセル吊り上げ(大樹航空宇宙実験場)

写真:へリから投下されたカプセル

へリから投下されたカプセル


写真:パラシュートで降下中のカプセル

パラシュートで降下中のカプセル

写真:着水したカプセル

着水したカプセル


写真:カプセル回収の様子

カプセル回収の様子


写真の出典は全てJAXAです。


 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約