サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

古川宇宙飛行士、「ASIAGRAPH 2011」において、「匠賞」を受賞!

最終更新日:2011年10月21日
古川聡宇宙飛行士

ASIAGRAPH 2011匠賞を受賞した古川聡宇宙飛行士

第28次/29次長期滞在クルーとして、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在中の古川聡宇宙飛行士に対し、「ASIAGRAPH 2011匠賞」が贈られました。 この賞は、アジアの技術・コンテンツに貢献した、特に優れた研究者・専門家等1名に贈られるものです。

古川宇宙飛行士

古川宇宙飛行士に代わり出席したJAXA有賀有人宇宙技術部長

「ASIAGRAPH(アジアグラフ)」は、アジア独自の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジア独自の優れたデジタルコンテンツを更に発展させるために、世界の第一線で活躍するアジアの研究者とクリエイターが集い、先端技術の発表や作品の展示を行う、学術・芸術・展示が一体となった総合イベントであり、「ASIAGRAPH2011」は、経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「デジタルコンテンツEXPO2011」の一環 として開催されたものです。

10月20日から22日にかけて、日本科学未来館(東京都江東区青海)で開催される「ASIAGRAPH 2011in Tokyo(アジアグラフ2011東京)」 の初日にあたる10月20日、会場の日本科学未来館ではその授賞式が開かれました。

ISS滞在中の古川宇宙飛行士からは「この度、ASIAGRPH匠賞という立派な賞をいただき、ありがとうございます。宇宙にいる間にこのような名誉をいただき、大変うれしく感謝いたしております」というメッセージビデオが届けられました。(この授賞式では、ISS滞在中の古川宇宙飛行士に代わり、所属部署の上司であるJAXA有人宇宙技術部の有賀輝部長が出席し、表彰状を受け取りました)

また、授賞式の後には、古川宇宙飛行士の匠賞授賞を記念し、「古川聡宇宙飛行士・匠賞受賞記念トークセッション 『音宇宙~無限に広がる音のチカラ』」が開催されました。

このトークセッションには、「惑星」や「宇宙」「地球」といった壮大なテーマで海外コンサートを開催し、観客を魅惑の音宇宙へ誘った、シンセサイザー音楽の作曲・編曲家の第一人者である冨田勲氏と、古川宇宙飛行士により「きぼう」で行われた文化・人文社会科学利用パイロットミッション「宇宙で抹茶を点てる」の代表提案者であり、自然や生命にインスピレーションを受け精力的に創作活動を行うCGアーティスト・河口洋一郎氏が登場し、聴衆を魅了するトークが展開されました。

9月21日に古川宇宙飛行士により「きぼう」で行われた「宇宙で抹茶を点てる」はこちらをご覧ください。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約