サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

JAXA宇宙飛行士、ガガーリン50周年式典にてメダル授与

最終更新日:2011年04月14日
写真

ISS第22/23次長期滞在を終え、ソユーズ宇宙船で帰還した野口宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA/Bill Ingalls)

ガガーリン宇宙飛行士(旧ソ連)が人類初の宇宙飛行を達成した1961年4月12日から50周年を迎えたロシアでは、モスクワや、その郊外にある星の街(ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC))を中心にさまざまな祝賀イベントが開催されています。

ちょうど50周年にあたる4月12日には、モスクワのクレムリン宮殿において、有人宇宙開発に貢献した約60名の外国人宇宙飛行士に対し、その国際的功績を称えるメダル“Medal award for contribution in space development”の授賞式典が行われました。

本式典には、野口宇宙飛行士をはじめとする14名の外国人宇宙飛行士が出席し、ロシアのメドベージェフ大統領からメダルが授与されました。この授賞に際し、野口宇宙飛行士は、「大統領閣下、ご来場の皆様、本日は素晴らしいメダルを頂きありがとうございました。大震災後の各国からの援助に対し、心より御礼申し上げます。このメダルを震災の被災地の方々へ捧げたいと思います。本日はありがとうございました」とロシア語で感謝の意を述べました。

なお、野口宇宙飛行士とともに、秋山豊寛氏と若田宇宙飛行士も同賞受賞者に選ばれています。

若田、野口両宇宙飛行士のISS長期滞在については、以下をご覧ください。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約