サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

野口聡一宇宙飛行士

飛行2日目、ソユーズ宇宙船(21S)は3回目の軌道制御を完了(2009年12月22日)

飛行2日目、国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて飛行中のソユーズ宇宙船(21S)では、日本時間12月22日午前7時30分、第3回目の軌道制御が行われ、無事完了しました。

飛行3日目は、ISSへのドッキングに向けて、自動ランデブが開始されます。野口宇宙飛行士ら第22次/第23次長期滞在クルーは、ドッキングに備えてソコル宇宙服を着用し、軌道モジュール・帰還モジュール間のハッチを閉じて帰還モジュールの座席に着きます。

ソユーズ宇宙船は、飛行3日目の12月23日午前7時54分にISSにドッキングする予定です。

次回の最新情報の更新は12月23日午前5時以降、ドッキングまでの状況を更新していく予定です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約