サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

野口聡一宇宙飛行士

野口宇宙飛行士らISS長期滞在クルーがISSへ入室、長期滞在開始!(2009年12月23日)

写真

ISSに入室する野口宇宙飛行士(提供:NASA)

日本時間12月23日午前9時30分にソユーズ宇宙船(21S)と国際宇宙ステーション(ISS)間のハッチが開かれ、野口宇宙飛行士ら第22次/第23次長期滞在クルーは、ISSへ入室しました。

ハッチが開かれた時点で、野口宇宙飛行士の第22次長期滞クルーとしてのISS長期滞在が始まりました。

写真

交信イベントの様子(提供:NASA)

入室後に行われた交信イベントで、野口宇宙飛行士は、「無事にISSに戻ってきました。これから6ヶ月間、ここが自分の新しい家。日本の皆さんに宇宙のすばらしさを感じてもらえるよう、たくさん発信して行きたい。」と、ISS長期滞在の抱負を語りました。

次回の最新情報の更新は12月24日です。

※現在のところ、野口宇宙飛行士のISS長期滞在期間は、約5ヶ月間の予定です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約