サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

シグナス補給船によるISSへの補給フライト

シグナス補給船運用3号機(Orb-3)ミッション

最終更新日: 2014年10月29日

シグナス補給船運用3号機(Orb-3)の打上げ失敗について

アメリカの民間企業オービタル・サイエンシズ(OSC)社の無人補給船、シグナス3号機(Orb-3)を載せたアンタレスロケットは、米国東部夏時間10月28日午後6時22分(日本時間10月29日午前7時22分)、打上げ直後に爆発し、打上げは失敗しました。

現在NASA及びOSC社により、原因究明作業が行われております。

Orb-3では、食糧やクルーへの支給品、システム関連機器、実験関連機器などをISSに運ぶ予定でしたが、今回、ISS/きぼうの維持運用に必要となる重要なシステム関連機器は搭載されていないため、当面のISS/きぼうの運用に支障はありません。

Orb-3には、日本から以下の機器等が搭載されておりました。

  • JAXA物品
    • 船外材料曝露実験試料
    • 再突入データ収集装置
  • JAXA物品以外
    • 「ISS搭載流星観測カメラ(COMETSS)」(千葉工大と米国研究機関との共同研究)

なお、今後の物資補給計画については原因究明次第となりますが、日本は宇宙ステーション補給機「こうのとり」でISS計画に貢献しており、ミッションの着実な遂行に向け準備を行っていく予定です。

※以降の内容は、打上げ前に計画されていた内容です。

飛行概要

写真:より大きな写真へ

射点に立つアンタレスロケット(出典:JAXA/NASA/Joel Kowsky)

写真:より大きな写真へ

射点で垂直に立てられるアンタレスロケット(出典:JAXA/NASA/Joel Kowsky)

写真:より大きな写真へ

射点に移動したアンタレスロケット(出典:JAXA/NASA/Joel Kowsky)

写真:より大きな写真へ

アンタレスロケットに結合されるシグナス補給船運用3号機(出典:Orbital Sciences Corporation)

写真:より大きな写真へ

打上げに向けた準備が進められるシグナス補給船運用3号機(出典:Orbital Sciences Corporation)

シグナス補給船運用3号機(Orb-3)ミッションは、オービタル・サイエンシズ社(Orbital Sciences Corporation: OSC)のシグナス補給船を、同社が開発したアンタレスロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を補給するフライトです。ISSへ向かうフライトとしては、4度目の飛行となります。

なお、シグナス補給船のISSへのランデブ・結合方法には、日本が開発した宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)と同じ方式が採用されています。ISSに接近したシグナス補給船は、「きぼう」日本実験棟船内実験室に搭載されている近傍通信システム(Proximity Communication System: PROX)を介してISSとデータ通信を行います。

JAXAは、Orb-3のISSへの接近やISSからの離脱時に、PROXの稼働状況を確認し、PROXの動作を確実に保つことによりOrb-3の運用を支援します。

Orb-3ミッションでは、食糧やクルーへの支給品、システム関連機器、実験関連機器などをISSに運びます。

JAXA関連の搭載品としては、「きぼう」船外実験プラットフォームに設置する簡易曝露実験装置(ExHAM)で実施する以下の実験の試料が運ばれます。

  • ソーラーセイル曝露テーマ(Solar Sail)
  • アンテナ材曝露テーマ(CFRP Mirror)
  • ターゲットマーカ代替品の宇宙実証(ArrayMark)
  • PEEK及びPFA材料の宇宙環境曝露試験(PEEK)
  • 超低高度衛星技術試験機(SLATS)搭載材料劣化モニタ2(MDM2)


飛行計画

Orb-3ミッション飛行計画(2014年10月28日現在)
打上げ予定日時 2014年10月29日午前7時22分(日本時間)
2014年10月28日午後6時22分(米国東部夏時間)
射場 米国バージニア州NASAワロップス飛行施設
Mid-Atlantic Regional Spaceport (MARS) Pad-0A
使用ロケット アンタレスロケット5号機
宇宙船の名称 Cygnus Orb-3
軌道高度 ISSとのランデブ高度:約414km(平均高度)
軌道傾斜角 51.6度
搭載品重量 約2,215kg
SSRMSによる
把持予定日
2014年11月2日(米国時間)
ISS離脱予定日 2014年12月3日(米国時間)

Orb-3フライト前後のISSの形状

打上げ前

Orb-3フライト前のISSのイメージ

Orb-3打上げ前のISSのイメージ(出典:JAXA/NASA)

結合後

Orb-3結合後のISSのイメージ

Orb-3結合後のISSのイメージ(出典:JAXA/NASA)

※シグナス補給船が打ち上げられてから結合するまでの間に、新たにプログレス補給船(57P)が打ち上げられてISSにドッキングする予定です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約