サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

欧州補給機(ATV)によるISSへの補給フライト

国際宇宙ステーションへの補給フライト ATV5

最終更新日: 2015年2月16日
写真:より大きな写真へ

ISSから見たATV5号機再突入の様子(出典:JAXA/ESA/NASA)

欧州補給機(Automated Transfer Vehicle: ATV)5号機、「ジョルジュ・ルメートル」は、米国中部標準時間2015年2月14日午前7時42分(日本時間2015年2月14日午後10時42分)に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。その後、ATV5号機は、2月15日午後0時12分(同2月16日午前3時12分)頃に大気圏へ再突入し、ATV最後のミッションを終えました。


飛行概要

ズヴェズダに接近するATV5号機

ズヴェズダに接近するATV5号機(出典:JAXA/NASA)

射点に到着したアリアン5ロケット

ATV5号機を搭載したアリアン5 ES ATVロケットの打上げ(出典:JAXA/ESA)

アリアン5ロケットの打上げ

打上げ準備が進められるATV5(© ESA-S. Corvaja, 2014)

射点に到着したアリアン5ロケット

打上げ準備が進められるATV5(© ESA-S. Corvaja, 2014)

ATV5フライトは、欧州宇宙機関(ESA)のATV5号機、「ジョルジュ・ルメートル」を打ち上げて、ISSのズヴェズダ後方に無人でドッキングさせ、ISSに補給物資を運搬するミッションです。

ATV5フライトでは主に以下に示す補給品をISSに運搬しました。

  • 飲料水
  • 推進薬
  • 酸素、空気、窒素
  • その他以下に示す積荷など
    • 食糧
    • 長期滞在クルーへの支給品・衣服
    • 実験ペイロード
    • 交換修理品、予備品など

JAXA関連の搭載品としては、簡易曝露実験装置(ExHAM)が搭載されてISSに運ばれました。

なお、ミッションを終えたATV5号機にて、再突入時の破壊高度などのデータを取得する予定です。宇宙機の再突入は、宇宙ゴミ軽減のために重要な技術であり、破壊高度と落下域の推定精度の向上は重要な課題です。当初は、ATV5号機を浅い角度で大気圏に再突入させることが計画されていましたが、ATV5号機の電力系統の一部が故障したことにより、この計画は中止されました。ATV5号機は、これまでのミッションと同様の再突入経路を取りました。

飛行計画

ATV5フライト飛行計画(2015年2月16日現在)
打上げ日時 2014年7月30日午前8時47分(日本時間)
2014年7月29日午後8時47分(フランス領ギアナ時間)
2014年7月29日午後6時47分(米国中部夏時間)
射場 クールー宇宙基地(フランス領ギアナ)
使用ロケット アリアン5 ES ATVロケット
重量 約20トン(打上げ時)
搭載品合計6,555kg(うち推進薬2,978kg)
ドッキング日時 2014年8月12日午後10時30分(日本時間)
2014年8月12日午後3時30分(中央ヨーロッパ夏時間)
2014年8月12日午前8時30分(米国中部夏時間)
分離日時 2015年2月14日午後10時42分(日本時間)
2015年2月14日午後2時42分(中央ヨーロッパ標準時間)
2015年2月14日午前7時42分(米国中部標準時間)
再突入日時 2015年2月16日午前3時12分頃(日本時間)
2015年2月15日午後7時12分頃(中央ヨーロッパ標準時間)
2015年2月15日午後0時12分頃(米国中部標準時間)

ATV5ドッキング前後のISSの形状

ドッキング前

ATV5ドッキング前のISSのイメージ

ATV5ドッキング前のISSのイメージ(出典:JAXA/NASA)

ドッキング後

ATV5ドッキング後のISSのイメージ

ATV5ドッキング後のISSのイメージ(出典:JAXA/NASA)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約