サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションへのクルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション

47Sフライト

最終更新日:2016年11月1日

帰還した大西宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA/Bill Ingalls)

国際宇宙ステーション(ISS)、第48次/第49次長期滞在クルーの大西卓哉 、アナトーリ・イヴァニシン、キャスリーン・ルビンズ宇宙飛行士が搭乗したソユーズMS-01宇宙船(47S)は、日本時間10月30日午前9時35分、国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、同10月30日午後0時58分頃にカザフスタン共和国に着陸しました。

飛行概要

国際宇宙ステーション(ISS)第48次/第49次長期滞在クルーのアナトーリ・イヴァニシン、キャスリーン・ルビンズ、大西卓哉宇宙飛行士の3人を乗せたソユーズMS-01宇宙船(47S)は、日本時間7月7日午前10時36分にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、同7月9日午後1時06分にISSの「ラスヴェット」(小型研究モジュール1)にドッキングしました。

47Sフライトに関しては大西宇宙飛行士の最新情報でも紹介しています。

ソユーズMS-01宇宙船(47S)に搭乗する47Sクルー
(出典:JAXA/NASA/Bill Ingalls)

射点へ移動するソユーズロケット
(出典:JAXA)

47Sミッションにおいては、新型のソユーズMS宇宙船が使用されます。

従来のソユーズTMA-Mからの主な改良点は以下となります。

  • 無線通信装置の更新
  • 航法システムの強化
  • 太陽電池パネルの発電能力の強化

今回は初号機の飛行となるため機能確認や飛行データを取得するため、約2日かけて ドッキングします。

                      
47Sミッション飛行計画(2016年11月1日現在)
項目 計画
打上げ日時 2016年7月7日午前10時36分(日本時間)
2016年7月7日午前7時36分(バイコヌール時間)
2016年7月7日午前4時36分(モスクワ時間)
2016年7月6日午後8時36分(米国中部夏時間)
射場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズ-FGロケット
搭乗人数 3名
ドッキング日時 2016年7月9日午後1時06分(日本時間)
2016年7月9日午前7時06分(モスクワ時間)
2016年7月8日午後11時06分(米国中部夏時間)
ISS分離日時 2016年10月30日午前9時35分(日本時間)
2016年10月29日午後19時35分(米国中部夏時間)
着陸日時 2016年10月30日午後0時58分(日本時間)
2016年10月30日午前6時58分(モスクワ時間)
2016年10月29日午後10時58分(米国中部夏時間)

47Sドッキング後のISS

47Sドッキング後のISSの構成は以下のように変更されます。
47Sはロシアの「ラスヴェット」(小型研究モジュール1)にドッキングします。

ドッキング後のISS
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約