サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションへのクルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション 44S

44Sフライト

最終更新日:2016年3月2日
写真

地上に帰還した44Sクルー(左からミカエル・コニエンコ、セルゲイ・ヴォルコフ、スコット・ケリー宇宙飛行士)(出典:JAXA/NASA)


国際宇宙ステーション(ISS)の第45次/第46次長期滞在クルーのセルゲイ・ヴォルコフ、第43次~第46次長期滞在クルーのスコット・ケリー、ミカエル・コニエンコ両宇宙飛行士の3人を乗せたソユーズTMA-18M宇宙船(44S)は、日本時間2016年3月2日午前10時02分にISSから分離し、同午後1時26分にカザフスタン共和国へ無事着陸しました。

ヴォルコフ宇宙飛行士の宇宙滞在期間は182日、1年滞在クルーのケリー・コニエンコ両宇宙飛行士の宇宙滞在期間は340日でした。この長期滞在により、ケリー宇宙飛行士は米国人による1回の飛行で最長の宇宙滞在日数を記録し、また、現時点で米国人として最長の累積宇宙滞在日数520日を記録しました。今後はリハビリとともに、長期に渡った宇宙滞在が身体に与える影響などを調べる様々な実験のデータ取得などが予定されています。

飛行概要

国際宇宙ステーション(ISS)の第45次/第46次長期滞在クルーのセルゲイ・ヴォルコフ、短期滞在クルーのアンドレアス・モーゲンセン、アイディン・アイムベトフ宇宙飛行士を乗せたソユーズTMA-18M宇宙船(44S)は、日本時間9月4日午後4時39分にISSの「ポイスク」(ロシアの小型研究モジュール2)にドッキングしました。

そして、ハッチのリークチェック(気密点検)やソユーズ宇宙船内とISS内の均圧化などを行った後、同午後7時15分にハッチが開かれ、44SのクルーはISSへ入室しました。ISSに滞在中のゲナディ・パダルカ宇宙飛行士らは44Sクルーの到着を歓迎しました。

写真

ISSへの到着後、地上と交信を行う44Sクルー(手前左からアイディン・アイムベトフ、セルゲイ・ヴォルコフ、アンドレアス・モーゲンセン宇宙飛行士)(出典:JAXA/NASA)

3人の到着により、パダルカ宇宙飛行士、およびふたりの短期滞在クルーがソユーズTMA-16M宇宙船(42S)に搭乗して地上に帰還する予定の9月12日まで、約8日ほどISS内のクルーが通常の6人体制よりも多い9人となります。

ソユーズTMA-18M宇宙船(44S)は、日本時間9月2日午後1時37分に、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。

44Sミッションは、ISS滞在クルーとともに、新しいソユーズTMA-18M宇宙船をISSに届けるミッションです。今回は打上げから約2日後にISSにドッキングする運用が行われました。

ISSへ打ち上げられるソユーズ宇宙船の打上げとしては44回目となります。

44Sは、打上げ時と帰還時の搭乗クルーが異なり、約半年後の帰還時はヴォルコフ宇宙飛行士のほか、1年滞在クルーのスコット・ケリー、ミカエル・コニエンコ両宇宙飛行士が搭乗する予定です。

44s_crews

短期滞在クルーのモーゲンセン、アイムベトフ宇宙飛行士のふたりは、日本時間9月12日にISSから分離予定のソユーズTMA-16M宇宙船(42S)で、第43次/第44次長期滞在クルーのゲナディ・パダルカ宇宙飛行士とともに地上に帰還する予定です。

42s_return_crew

44Sミッション飛行計画(2015年9月4日現在)
項目 計画
打上げ日時 2015年9月02日午後1時37分(日本時間)
2015年9月02日午前10時37分(バイコヌール時間)
2015年9月02日午前7時37分(モスクワ時間)
2015年9月01日午後11時37分(米国中部夏時間)
打上げ場所 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
打上げロケット ソユーズ-FGロケット
宇宙船 ソユーズTMA-18M(44S)
搭乗人数 3名
軌道高度 ISSとのドッキング高度:約401km(平均高度)
軌道傾斜角 51.6度
ドッキング日時 2015年9月04日午後4時39分(日本時間)
2015年9月04日午前10時39分(モスクワ時間)
2015年9月04日午前2時39分(米国中部夏時間)
ISS分離・帰還予定 2016年3月頃

44Sドッキング後のISS

44Sドッキング後のISSの構成は以下のように変更されます。44Sは、「ポイスク」(ロシアの小型研究モジュール2)に結合されます。なお、「ポイスク」には42Sがドッキングしていましたが、日本時間8月28日に「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)に移設され、ドッキングポートが空けられました。

ドッキング後のISS

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約