サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 5R

国際宇宙ステーションの組立フライト 5R

最終更新日:2009年12月09日
写真:MRM2と推進モジュール部の分離の様子(提供:NASA)

MRM2と推進モジュール部の分離の様子(提供:JAXA/NASA)

プログレスM-MRM2宇宙船の推進モジュール部は、ロシアの小型研究モジュール2(Mini-Research Module 2: MRM2)を国際宇宙ステーション(ISS)へ運ぶ役割を終え、米国中部標準時間2009年12月7日午後6時16分(日本時間2009年12月8日午前9時16分)にMRM2から分離しました。その後、推進モジュール部は大気圏再突入を行い、太平洋上に安全に投棄されました。

ミッション概要

MRM2から分離した推進モジュール部

MRM2から分離した推進モジュール部

第3回船外活動で撮影されたMRM2と35P(飛行8日目)

第3回船外活動で撮影されたMRM2と35P(飛行8日目)

ISSに接近するプログレスM-MRM2宇宙船

ISSに接近するプログレスM-MRM2宇宙船

ソユーズロケットの打上げ

ソユーズロケットの打上げ

射点に到着したソユーズロケット

射点に到着したソユーズロケット

射点へ移動するソユーズロケット

射点へ移動するソユーズロケット

打上げ準備中の小型研究モジュール2(MRM2)

打上げ準備中の小型研究モジュール2(MRM2)

フェアリングに格納される小型研究モジュール2(MRM2)

フェアリングに格納される小型研究モジュール2(MRM2)

フェアリングに格納される小型研究モジュール2(MRM2)

フェアリングに格納される小型研究モジュール2(MRM2)

打上げ準備中の小型研究モジュール2(MRM2)

打上げ準備中の小型研究モジュール2(MRM2)

(©S.P.Korolev RSC Energia)
(©FSA/S. Sergeev)
(提供:NASA)

5Rミッションは、ロシアのプログレスM-MRM2宇宙船を打ち上げて、ロシアの小型研究モジュール2(Mini-Research Module 2: MRM2)を、国際宇宙ステーション(ISS)の「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)の上部ドッキングポートに結合させるミッションです。

プログレスM-MRM2宇宙船は、プログレスM1補給船をベースに製作したもので、MRM2をISSへ無人で運搬するための宇宙船です。MRM2は、「ピアース」(ロシアのドッキング室)と同様に、ロシアのエアロックおよびドッキングポートの役割を果たすモジュールであり、形状や能力もほぼピアースと同様です。MRM2の名称は、「Poisk」(英語で「Search」または「Quest」という意味)と呼ばれています。

プログレスM-MRM2宇宙船は、ロシアのソユーズロケットでカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、打上げから2日後に、ズヴェズダの上部ドッキングポートに自動ランデブ・システムを用いてドッキングしました。プログレスM-MRM2宇宙船は、その後、日本時間12月8日にMRM2を除いた推進モジュール部分を分離し、ISSから離脱して投棄しました。2010年1月中旬頃には、ロシアの船外活動が行われ、MRM2外部へのアンテナの取付けなどの作業が行われる予定です。

なお、MRM2内部には、食料や衛生用品、交換用の機器、衣服、科学機器などの貨物などの貨物が搭載されて打ち上げられます。

M-MRM2宇宙船の構成

M-MRM2宇宙船の構成(©FSA/TsENKIKOM)

打上げ計画

5Rミッション打上げ計画(2009年11月13日現在)
打上げ日時 2009年11月10日午後11時22分(日本時間)
2009年11月10日午後8時22分(バイコヌール時間)
2009年11月10日午後5時22分(モスクワ時間)
2009年11月10日午前8時22分(米国中部標準時間)
射場 カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズUロケット
宇宙船の名称 プログレスM-MRM2
軌道高度 ISSとのドッキング高度:約341km(平均高度)
軌道傾斜角 51.6度
重量 7,150kg(打上げ時)
ドッキング日時 2009年11月13日午前0時41分(日本時間)
2009年11月12日午後6時41分(モスクワ時間)
2009年11月12日午前9時41分(米国中部標準時間)

ロシアの小型研究モジュール2(MRM2)

MRM2の主要諸元
全長 4.094m(ピアースと同じ)
直径 2.55m(ピアースは2.20m)
ハッチ直径 ズヴェズダ側 1.10m
ソユーズ/プログレス側 80cm
EVAハッチ 1.00m 2個
(すべてピアースと同じ)
打上げ時の重量 約3,670kg
(751kgの貨物を内部に搭載)
与圧区画容積 14.8m3(ピアースは13.2m3
機能
  • ロシアのエアロック機能
  • ソユーズ宇宙船のドッキングポート機能

5Rミッション前後のISSの形状

5Rミッション前のISS

5Rミッション前のISS

5Rミッション後のISS

5Rミッション後のISS

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約