サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年1月

星出宇宙飛行士のISS長期滞在に向けた訓練

最終更新日:2011年2月25日

国際宇宙ステーション(ISS)の第32次/第33次長期滞在クルーである星出宇宙飛行士は、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)にて、ISS長期滞在に向けて、新型のソユーズTMA-M宇宙船に関わる訓練を行いました。

訓練では、帰還モジュールのパネルスイッチの配置や操作方法、ソユーズ宇宙船の通信システム、推進システム、ドッキングシステム、姿勢制御システムなどについて、講義を受けるとともにシミュレータを使用した実技などを行い知識を深めました。その他、酸素供給や船内圧力制御、食料や水供給、トイレなどから構成されるソユーズ宇宙船の生命維持システムや、ソコル与圧服などについても訓練を受けました。


7年前に古川・山崎宇宙飛行士と受講したソユーズ宇宙船の訓練ですが、新型の宇宙船になって若干変わっているシステムもあれば、全く変わっていないものもあり、「モデルチェンジ」を興味深く学ぶことができました。訓練インストラクターとも7年前を思い出しながら、時に昔話に花をさかせることもありました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約