保尊先生インタビュー


研究室で実験の指導にあたる保尊先生(右)

打ち上げを前にして,今の意気込みをお聞かせください。

「いよいよですね。宇宙には,いろいろと予想がつかないことも多いですから,とにかく,植物が宇宙で無事に生育することを祈っています。打ち上げてしまえば,もう私たちの手が及びません。後は,植物に頑張ってもらうしかありません」

これは,どんなことを目指した研究なんでしょうか。

「この実験の目的は,植物が重力に対抗して丈夫な体を築くしくみを明らかにすることです。植物は数億年前に海から陸に上がり,そのような重力に対抗するしくみを発達させることによって陸上で進化,繁栄してきました。今回の実験によって,その道筋の一端が解明できるものと期待しています」

もし,世の中の役に立つのかといわれたら・・・

「植物は,食糧供給や環境維持を通して,地球上のすべての生命の生存にとって必要不可欠な役割をしています。私たちが現在こうして存在するのも,植物が陸上に進出して高度に進化したおかげです。そのしくみを知ることは,直接的にか間接的にか,あるいは今すぐか遠い将来かはともかくとして,結局は私たちの役に立つはずです」

これは,世界でも最先端,最高水準の研究なんですよね

「最先端,最高水準ということばは,必ずしも,流行の最先端や技術的な最高水準を意味するわけではありません。新しい考え方に基づいて,新しいことを調べるのは,すべて最先端,最高水準なわけです。その意味で,この研究は,間違いなく,世界最先端,最高水準だと言えます」

一緒に研究に参加している学生さんたちについて教えてください。

「この研究には,約10人ほどの大学院生,大学生,卒業生に参加してもらっています。今回の経験を糧として,宇宙科学ばかりでなくいろいろな分野において,人類の将来を担う人材として育ってほしいと思っています」

先生にとって宇宙実験ってなんですか。

「宇宙実験では,地上研究の成果に基づいて築いた仮説を検証します。したがって,今まで行ってきた研究の総仕上げの場として位置づけられます。同時に,宇宙では,地上では予想できない様々なできごとが起こることが期待されます。そのような中から,全く新しい概念や展望がもたらされる可能性があります。宇宙は,その両方を得ることができる貴重な研究の場だと思います」

研究者としての夢はなんでしょうか

「植物の機能,あるいはそれを含む生命現象のしくみには,わからないことがたくさんあります。その理解に自分自身が少しでも貢献できれば,と思っています。植物をひとめ見ただけで,その生理状態がきちんと把握でき,一番適切なつきあい方がわかる。早くそのようにならないものでしょうか。これは,研究者というより,よくベランダの植物を弱らせてしまう一市民としての夢です」

どうもありがとうございました。いよいよ始まる宇宙実験。どんな成果がでるのか楽しみにしています。


Resist Wall実験 トップページへ