JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 
国際宇宙ステーションNASAステータスレポート

国際宇宙ステーション・ ステータスレポート#02-28
第5次長期滞在クルー
2002年 6月 26日(水)午前5時30分(米国中部夏時間)
2002年 6月 26日(水)午後7時30分(日本時間)



ロシアのプログレス補給船(8P)は、6月26日、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から無事打ち上がりました。この補給船は国際宇宙ステーション(ISS)に燃料、補給品、機材を運びます。

ソユーズロケットに搭載されたプログレス補給船(8P)は、米国中部夏時間6月26日午前0時37分(日本時間6月26日午後2時37分)に打ち上がりました。打上げから約9分後、あらかじめプログラムされたコマンドにより太陽電池パドルと航行アンテナを展開し、無人の補給船は無事軌道に乗りました。

プログレス補給船(8P)は6月29日早くにISSへドッキングする予定です。ドッキング後、第5次長期滞在クルー(コマンダーのワレリー・コルズン、米国の宇宙飛行士ペギー・ウィットソン、ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・トレシェフ)は荷下ろしを始める予定です。プログレス補給船(8P)は、ズヴェズダ・サービスモジュールの姿勢制御スラスタの燃料を含む約7,000ポンド(約3,150 kg)の荷物を軌道上に運ぶことが出来ます。

今後3日間のプログレス補給船(8P)の一連のエンジン噴射により、プログレス補給船(8P)は6月29日午前1時25分(同6月29日午後3時25分)に中央アジア上空にて、ズヴェズダ・サービスモジュールの後部ドッキングポートにドッキングする予定です。

ISSクルーの活動状況、今後の打上げ日時、また地上のある地点からのISSの可視性などについてはhttp://spaceflight.nasa.govをご覧ください。

ISSでの科学実験の模様については、アラバマ州NASAマーシャル宇宙飛行センターのペイロード運用センターのサイトhttp://www.scipoc.msfc.nasa.govをご覧ください。

この次のISSステータスレポートは6月29日プログレス補給船(8P)がISSにドッキングした後、あるいは何かのイベントが発生した時点で発行する予定です。



出典: http://spaceflight.nasa.gov/spacenews/reports/issreports/2002/iss02-28.html

最終更新日:2002年 6月27日


JAXAトップページへサイトポリシー