JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 
国際宇宙ステーションNASAステータスレポート

国際宇宙ステーション・ステータスレポート#00-64
国際宇宙ステーション第1次長期滞在クルー
2000年12月31日(日)午後 1時(米国中部標準時間)
2001年 1月 1日(月)午前 4時 (日本時間)

 

国際宇宙ステーション(ISS)で静かな週末を過し、宇宙での10週目に入ろうとしている第1次長期滞在クルーのメンバーから、海軍の伝統による新年の挨拶が届きました。

仲間のユーリ・ギドゼンコとセルゲイ・クリカレフと並んでテレビ画面に現れた、米国海軍大佐でもあるコマンダーのビル・シェパードは、2001年へと入っていく自分の思いを軌道上で託した自作の詩を披露しました。

海軍の伝統では操舵の任務に就いている者が年の代り目に航海日誌を書き始めることになっています。

シェパードは次のように記しました。
長く行われている海軍の伝統では新年の航海日誌は散文の形で書始めることになっています。国際宇宙ステーション「アルファ」が新年に敬意を払う中、今夜の日誌の書き出しを皆さんと分ち合おうと思います。

航海日誌 2001年1月1日00時00分 
(訳注)詩は原文を掲載させていただきます。

 

We sail onboard space station "Alpha"
Orbiting high above Earth, still in night
Traveling our destined journey
beyond realm of sea voyage or flight

A first New Year is upon us
Eight strikes on the bell now as one
The globe spins below on its motion
Counting the last thousand years done.

15 midnights to this night in orbit
A clockwork not of earthly pace
Our day with different meaning now
In this, a new age and place

We move with a speed and time
Past that which human hands can tell
Computers programmed-like boxes
Where only thoughts' shadows dwell

"Central post" our ship's bridge aboard
Screens dancing shapes in pale glow
We guide her course by electronic pulse
In figures no compass could show

Our panels set as sails to the Sun
With wake not ever seen but there
Only gyros feel the silent tugs
Wisps, swirls of such ocean rare

On this ship's deck sits no helm now
Rudder, sheet, and rig long since gone
But here still-- a pull to go places
Beyond lines where sky meets the dawn

Though star trackers mark Altair and Vega
Same as mariners eyed long ago
We are still as wayfinders of knowledge
Seeking new things that mankind shall know.

We commend to crews that will follow
Merit of the good ship we sail
Let Sun shine strong on Alpha's wings
A symbol, and bright star we long hail.

 

クルーは、来週の生物医学実験や、1月の第3週に予定されているシャトルによる次の組立て飛行の準備などをしていますが、大晦日の夜は家族とのプライベートな会話で、リラックスして過しました。

ISSは230マイル(約370km)の高度の地球軌道を良好な状態で周回しながら足かけ4年目に入ろうとしています。

この次のステータスレポートは1月3日(水)(同1月4日(木))に、あるいは状況によっては早目に発行する予定です。

 

出典:http://spaceflight.nasa.gov/spacenews/reports/issreports/2000/iss00-64.html

 

最終更新日:2001年 1月 5日

JAXAトップページへサイトポリシー