サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2014年12月

大西宇宙飛行士、ISS長期滞在に向けた訓練を実施

最終更新日:2015年1月23日

国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーである大西宇宙飛行士は、12月前半はロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで訓練を行い、12月後半はNASAジョンソン宇宙センター(JSC)で訓練を行いました。

ロシアでは、ソユーズ宇宙船とISSのロシアモジュールの訓練を行いました。ソユーズ宇宙船については、ロシアの宇宙飛行士と一緒に、飛行中の運用を想定した訓練を繰り返しました。大西宇宙飛行士らは、打上げからISSにドッキングするまでと、ISSから分離後の大気圏突入時に実施するソユーズ宇宙船の操作を、シミュレータを使用して訓練しました。訓練では、不具合が発生した場合も想定して手動でソユーズ宇宙船を操縦する手順も確認しました。ロシアモジュールに関しては、通信システムについて重点的に訓練を行い、一通りの訓練を終えた後に試験を受けました。

JSCでは、医学運用に関わる訓練が中心でした。大西宇宙飛行士は、ISS滞在中に医療担当クルー(Crew Medical Officer: CMO)が他のクルーに対して行う医学検査や救急処置法について訓練を行ったほか、環境衛生システム(Environmental Health System: EHS)を利用してISS船内の放射線量を計測する方法や、ISSに備えられている運動設備の使用方法などを確認しました。

現在、大西宇宙飛行士は、日々の訓練の様子などをGoogle+で紹介しています。是非、ご覧になってください。アカウントをお持ちの方は、フォローをよろしくお願いします。

Google+

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約