サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2008年11月

ロシアでのISS長期滞在訓練

最終更新日:2008年12月18日
フォトライブラリへ

「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)のシミュレータ内で生命維持システムに関わる訓練を行う若田宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

フォトライブラリへ

ロシアの宇宙食や、ソユーズ宇宙船に搭載されているサバイバルキット、ミール宇宙ステーションなどについて解説を行う野口宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

若田、野口両宇宙飛行士は、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在に向け、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)にて訓練を行いました。

若田宇宙飛行士は、ISSのロシアモジュールを制御するコンピュータや生命維持システム、ソユーズ宇宙船の姿勢制御システムや生命維持システムについて訓練を行いました。

野口宇宙飛行士は、ISSのロシアモジュールを制御するコンピュータのほか、ソユーズ宇宙船の船内の構造やレイアウトの確認、姿勢制御システム、熱制御システムに関わる訓練や、マニュアル操縦でソユーズ宇宙船をISSへ接近させる訓練を行いました。

また、訓練期間中、報道関係者らに対して訓練を公開し、訓練設備やソユーズ宇宙船、ロシアの宇宙服や宇宙食について紹介しました。記者会見も行われ、若田、野口両宇宙飛行士は、長期滞在に向けた意気込みなどを語りました。

ISS長期滞在
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約