サイトマップ

植物細胞壁の「鉄筋コンクリート構造」の強度は宇宙でどう変わる?

今から数億年前,生物は海から陸に進出しました。細胞壁(Cell Wall)とは,海水の浮力を得られなくなった陸上植物が,自分の体を自身で支えるために発達させてきたものです。

植物の進化過程の解明のほか,将来,植物の茎の強さや高さを人工的に変える場合にも有用な情報を提供するものとして,Cell Wall実験には大きな期待が寄せられています。

Cell Wall実験はResist Wall実験と同時進行で行われます。

Resist Wall実験のページはこちら


「微小重力環境下におけるシロイヌナズナの支持組織形成に関わる遺伝子群の逆遺伝学的解析」

代表研究者

西谷 和彦 Kazuhiko NISHITANI

東北大学大学院 生命科学研究科
教授
専門:植物生理学

TOPICS
西谷先生インタビュー:宇宙実験にかける意気込み etc をうかがいました

LINK
東北大学西谷研究室


「宇宙植物実験」入門講座 PDF
Cell Wal実験の全体像がみえてくる!
JAXAコーディネータの大森克徳主任研究員,鎌田源司研究員がわかりやすく解説します。

実験の背景
どうして宇宙で「細胞壁」の構造を調べるのでしょうか。微小重力との関わりは?

実験の目的
宇宙実験から何がわかるのでしょうか。

実験内容
実際にどのような手順で実験を行うのでしょうか。

ココがポイント!
期待が寄せられるCell Wall実験の特異性について。

成果
実験装置の故障の対処法を学び、再実験へ。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約