サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

国際宇宙ステーション外部排熱システムの異常対応に関する船外活動について

最終更新日:2013年12月22日

国際宇宙ステーション(ISS)の外部排熱システムの異常対応に関する1回目の船外活動(EVA)が以下の通り実施されました。作業は予定より早く進んだため、2回目のEVAで行う予定だった作業の一部が前倒しで実施されています。 なお、12月23日(月)に行う予定だった2回目のEVAは、12月24日(火)に行うことになりました。

また、1回目のEVA終了後の片づけ作業中、宇宙服の生命維持装置に取り付けられているサブリメータ(宇宙服内の熱を排出するための装置)に水が入った可能性があり、空いた1日で、次のEVAで使用予定の予備の船外宇宙服のサイズ調整を行うとのことです。なお、この問題は、7月のEVA時に起きたヘルメット内での水漏れとは関係はないとのことです。

US EVA#24: 日本時間2013年12月21日午後9時01分~22日午前2時29分(5時間28分)

◎EVAクルー

  • EV1: リチャード・マストラキオ宇宙飛行士
  • EV2: マイケル・ホプキンス宇宙飛行士
  • SSRMS M1: 若田宇宙飛行士

◎作業概要

  1. ロボットアーム準備/故障したポンプモジュール(PM)の取り外し準備
  2. ポンプモジュールの流体コネクタ及び電気コネクタの接続を切り離し
  3. 故障したPMの取り外し準備
  4. Adjustable Grapple Bar(AGB:仮置きに使用する結合機構のアダプタ)を船外保管プラットフォーム2(ESP2)から持ち運ぶ
  5. 故障したPMの取り外し、及びPMへのAGB取り付け
  6. 故障したPMのペイロード/軌道上交換ユニット把持装置(Payload and Orbital Replacement Unit Accommodation: POA)への取付け

※:上記4~6は、2回目のEVAで行う予定だった作業


※特に断りの無い限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約