サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

「第10回航空機による学生無重力実験コンテスト」参加者募集のお知らせ

最終更新日:2012年06月08日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「第10回航空機による学生無重力実験コンテスト」にチャレンジする大学生等の募集を行います。

国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟では、長期間にわたる無重力(無重量・微小重力)実験が行われますが、短時間(約20秒間)の無重力状態であれば、航空機の放物線飛行で作り出すことができます。

本コンテストは、学生の皆さんから航空機の無重力環境で実施してみたいアイデアを募集し、選定されたチームが自ら実験装置を製作し、航空機に搭乗して無重力状態を体験しながら実験を行うものです。

詳細については、以下の募集要綱をご覧下さい。

募集要綱 [PDF: 1.12MB]

(1) 募集期間 平成24年6月8日(金)~7月30日(月) 消印有効
(2) 対象者 国内の高専(4年生以上)、大学、大学院に在籍する学生
(3) 募集分野 制限なし
(4) 選定結果発表 平成24年8月中旬
(5) 実験実施時期 平成24年12月中旬~下旬
(6) 選定テーマ数 5テーマ程度
(7) 申し込み、問合せ先 (独)宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター
学生無重力航空機実験コンテスト募集担当
e-mail: 10TH-STUDENT-PR@jaxa.jp

参考:これまでに行われた実験コンテストについては、こちらをご覧ください。

航空機による学生無重力実験コンテスト



第10回航空機による学生無重力実験コンテストの概要

目的

本コンテストは、大学生等に無重力実験機会を提供し、宇宙環境利用への理解・関心を深めるとともに、将来の宇宙開発を担うべき人材の育成に寄与することを目的としています。

実施概要

(1) フライト期間 2日間(1日に1フライトし、1フライトで約10回の無重力飛行を実施。)
(2) 実施テーマ数 5テーマ程度
(3) 搭乗者数 テーマあたり1日につき1名
(4) 経費 実験装置の製作、運搬費用は提案者側の負担。
航空機実験のための所定の旅費及び傷害保険費用は、テーマあたり3名分までをJAXAが負担。
(5) 対象者 国内の高専(4年生以上)、大学、大学院に在籍する学生。
2人以上のチームでの応募が望ましい。日本への留学生も歓迎。
(6) 募集分野 制限なし。
ただし、安全上の制約を守り、相乗りの実験テーマの実施に干渉しないこと。
(7) 実験条件 ・ 実験スペースとして1ラック
  (幅 600mm×奥行 500mm×高さ 500mm)
・ 使用電力は約300W以下

実施スケジュール

  選定結果発表 平成24年8月中旬
  実験装置の完成 平成24年8月下旬~12月初旬
  実験の実施 平成24年12月中旬~下旬
  成果報告書の提出 平成25年1月中旬(速報)、25年3月中旬(最終報告)

航空機実験レイアウト

(参考)実験用航空機の見取り図(イメージ)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約