サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

第30回宇宙ステーション利用計画ワークショップを開催

最終更新日:2011年3月 8日

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震の影響により、本ワークショップの開催を延期いたします。
なお、次の開催日時は未定です。

2011年4月7日、8日の2日間にわたり、「第30回宇宙ステーション利用計画ワークショップ」を開催します。

国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟では、様々な分野での利用が進み、今やISSは日常的に身近な宇宙実験・観測あるいは滞在の場所となりつつあります。更に、ISS運用を2016年以降も継続することが、日本、米国、ロシアで確認されました。

本ワークショップでは、“宇宙ステーションのあるくらし、これからの10年”をテーマに、NASA副長官、ISS計画参加各国のISS利用計画責任者、日本の研究者や有識者をお迎えし、ISSが日常的となった今、「ISS参加パートナー国との協力」、「地球的・人類的な視点に立ったISSの利用価値」、および「日本の今後の取組み」等、ISSと歩む“これからの10年”を展望していきます。

開催概要
日時 2011年4月7日(木)午前10時00分~午後4時20分
2011年4月8日(金)午前10時00分~午後3時00分
場所 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)
主催 宇宙航空研究開発機構、共催:文部科学省
参加に関して
  • 定員:約500名(参加費無料、事前申込み制)
  • 使用言語:日本語(英語同時通訳)
  • 参加に関する問合せ先:(財)日本宇宙フォーラム(担当:白石)
    TEL:03-5200-1302
    E-mail: iss-ws30@jsforum.or.jp
    参加申し込み先URL:https://www.science-event.jp/iss-ws30

プログラム

1日目(4月7日)
主題:国際協力、そして地球的・人類的価値を知る

10:00-10:10 開会挨拶 立川 敬二 (JAXA理事長)
文部科学省
【第1部】~日米のISS計画とその利用~
10:10-10:30 基調講演1 「米国における有人宇宙計画とISS」
Lori Garver (NASA副長官)
10:30-10:50 トークセッション 「ISS計画と今後の国際協力」
Lori Garver (NASA副長官)、樋口 清司 (JAXA副理事長)
10:50-11:10 基調講演2 「米国におけるISSの10年利用計画(Decadal Survey)」
Elizabeth Cantwell (米国科学アカデミーメンバー/Decadal Survey議長)
11:10-11:30 基調講演3 「日本の“きぼう”利用の取り組み」
浅島 誠 (産業技術総合研究所フェロー 兼 幹細胞工学研究センター長、ISS/きぼう利用推進委員長)
11:40-12:00 ビデオセッション ①「きぼう利用までの20年」
②「古川宇宙飛行士からのメッセージ」
休憩
【第2部】~ISS計画参加各国による成果とこれからの取り組み~
13:30-15:00 パネルディスカッション コーディネイター:上垣内 茂樹 (JAXA宇宙環境利用センター)
パネリスト:各機関の利用計画とりまとめ担当(NASA、ESA、FSA、CSA、JAXA)
1.これまでの利用成果のまとめ
2.これからの10年の利用計画からみる国際協力の在り方
3.ISS利用推進方策~利用者主体のISS利用に向けて~
休憩
【第3部】~ISSが人類・地球にもたらすもの~
15:10-16:30 総合討論 中川 久定 (京都大学名誉教授)
Elizabeth Cantwell (米国科学アカデミーメンバー/Decadal Survey議長)
土井 隆雄 (国連宇宙部宇宙応用課長/宇宙飛行士)
Mark Uhran (NASA)
樋口 清司 (JAXA副理事長)

※講演タイトルは仮題です。また、プログラムは事前の予告なく変更する場合があります。

2日目(4月8日)
主題:ISSの国内利用の現状と展望

10:00-10:10 Opening 「きぼう」の新たな取組み~「社会還元、アジア、これからの利用テーマ」
吉村 善範 (JAXA宇宙環境利用センター長)
第1部~身近なところにあるISS、これからの10年~
10:10-10:35 基調講演1 「タンパク実験による創薬の世界」
裏出 良博 (大阪バイオサイエンス研究所 分子行動生物学部門 研究部長)
10:35-11:00 基調講演2 「身近にある宇宙実験 ~宇宙医学と地上生活~」
二川 健 (徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 教授)
11:00-11:50 パネルディスカッション 「身近なところにあるISS、これからの10年」
コーディネイター:埴岡 健一 (日本医療政策機構 理事)
パネリスト:
裏出 良博 (大阪バイオサイエンス研究所)
二川 健 (徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 教授)
西島 和三 (持田製薬株式会社医薬開発本部専任主事、東北大学未来科学技術共同研究センター客員教授)
光盛 史郎 (未来工学研究所主任研究員)
休憩
第2部~地球の見張り番、宇宙の実験台 ~ISSの未来をえがく~
13:30-13:50 基調講演3 「ISS ~地球の見張り番、宇宙の実験台~」
長谷川 義幸 (JAXA執行役)
13:50-15:00 パネルディスカッション 「地球の見張り番、宇宙の実験台 ~ISSの未来をえがく~」
コーディネイター:竹内 薫 (科学作家)
パネリスト:
住 明正 (東京大学教授、JAXA地球圏総合診断委員会委員長)
長谷川 義幸 (JAXA執行役)
※パネリストについては調整中
15:00 Closing

※講演タイトルは仮題です。また、プログラムは事前の予告なく変更する場合があります。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約