JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

トピックス

土井宇宙飛行士、日本実験棟「きぼう」打上げ時のスペースシャトル搭乗決定

home

写真:クリックすると拡大します。 写真:クリックすると拡大します。
スペースシャトル搭乗決定を受けて実施した記者会見の様子
動画 [5分27秒]  WMV形式  Real Videol形式

米国時間5月5日に米国ワシントンD.C.で行われた小坂文部科学大臣とNASAグリフィン長官との会談において、日本実験棟「きぼう」の打上げ3便のうち、1便目(船内保管室打上げ)のスペースシャトルに土井隆雄宇宙飛行士の搭乗が決定しました。打上げ時期は2007年末の予定です。

土井宇宙飛行士のスペースシャトル搭乗は1997年のSTS-87ミッションに続き2回目となり、日本人宇宙飛行士としては通算9回目となります。

また同時に、土井宇宙飛行士のクルーサポートアストロノート(搭乗者支援宇宙飛行士)として山崎直子宇宙飛行士が選定され、地上から土井宇宙飛行士の活動を支援します。

土井宇宙飛行士スペースシャトルミッション搭乗決定に係るコメント

写真:土井隆雄宇宙飛行士

日本実験棟「きぼう」組立ミッションに参加することになり、非常に光栄に思います。「きぼう」は日本が20年近い歳月をかけて設計開発してきた恒久的有人宇宙ステーションです。いよいよその打ち上げが迫ってきたことを考えると胸が躍ります。「きぼう」の組立を成功させるため、 山崎宇宙飛行士と共に、全力でミッションに取り組むつもりです。今まで激励していただいた多くの皆様に心から感謝しています。 日本人宇宙飛行士が常時宇宙で活躍する本格的宇宙時代の到来をめざして、皆でがんばりましょう。
土井 隆雄

山崎宇宙飛行士のコメント

写真:山崎直子宇宙飛行士

この度、日本実験棟「きぼう」組立てミッションの支援に携わることになりました。「きぼう」の開発に携わった経験および今までの訓練の成果を十分に活かし、土井飛行士を支え、チーム一丸となってミッションの成功に向けて努力したいと思います。日本初の有人実験施設がもうすぐ宇宙で稼動しようとしています。「きぼう」を通じて、宇宙をいろいろな方にとって身近な場にしたいと思っております。今まで応援して下さった皆様に心から感謝申し上げると共に、今後ともご支援のほどどうぞ宜しくお願い申し上げます。
山崎 直子

他の日本人宇宙飛行士のコメント

土井さんの過去の全ての経験は、今回の日本実験棟「きぼう」組立にある。信頼して全てを任せたい。山崎さんには将来へその経験を十分伝え、自ら活躍することを期待しています。
毛利 衛

とても嬉しいです。土井さんならば、これまで長い訓練をしてきているので、素晴らしい仕事をしてくれると思います。これで、国際宇宙ステーションの日本の実験棟の建設がいよいよ始まります。宇宙の実験室を使った研究が、ますます進んでいくことを期待しています。
山崎さんは、クルーサポートアストロノートとしての経験を活かして、今後、素晴らしい仕事ができると思います。
向井 千秋

土井さん、山崎さん、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」打上げ飛行任務の決定おめでとうございます。これまでの様々な訓練の成果と「きぼう」の開発に参加して培った経験を存分に発揮してください。日本の有人宇宙活動にとって重要なマイルストーンとなるこの飛行でのご活躍を祈ります。
若田 光一

土井飛行士、山崎飛行士、おめでとうございます。
これまでの飛行経験、また日本実験棟「きぼう」への技術支援の経験を存分に生かしてご活躍下さい。素晴らしいミッションになることをお祈りいたします。我々も、後に続く「きぼう」組み立てミッション、そして国際宇宙ステーション長期滞在に向けて、引き続き準備を進めて行きたいと思っております。
野口 聡一

土井さん、山崎さん
スペースシャトルの飛行割当決定、おめでとうございます。
いよいよ日本実験棟「きぼう」の打上げですね。その成功に向け、我々も地上から全力で支援したいと思います。
古川 聡

日本実験棟「きぼう」の最初の組立フライトに搭乗する日本人飛行士が決定し、うれしく思います。土井飛行士は、これまでも地上での技術支援業務の一環として日本実験棟「きぼう」に携わってきましたが、STS-87の経験も踏まえ、ミッションの成功に貢献してくれると思います。また、山崎飛行士には、飛行士に選定される前に日本実験棟「きぼう」開発に携わった経験およびこれまで7年間の訓練で身につけた技能を十分発揮して、持ち前のがんばりで土井飛行士をサポートしてくれることを期待します。
星出 彰彦

最終更新日:2006年5月8日


home
JAXAトップページへサイトポリシー