JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

スペースシャトル「コロンビア」(STS−94)は、日本時間7月2日3時2分に

NASAケネディ宇宙センターから打ち上げられました。


MSL−1計画とはスペースラブの中は?
NASDAの実験装置こんな技術が開発されます
微小重力実験とはMSL−1で行う実験
最新情報(MSL−1作業状況)スペースシャトル搭乗クルー
NASA関連サイトお知らせ(発表文)




MSL−1計画とは


第1次微小重力科学実験室(MSL−1)計画は、米国航空宇宙局(NASA)が推奨するスペースシャトル/スペースラブを用いた微小重力実験のためにシリーズ化されたミッションです。
MSL−1計画では、NASA、日本の宇宙開発事業団、欧州宇宙機関ESA、ドイツ航空宇宙機関DARA、ドイツ航空宇宙科学研究所DLAの5機関が参加して、主として微小重力材料実験を実施します。
MSL−1ミッション概要
フライト番号STS−94
打上日1997年7月2日3時2分(日本時間)
打上場所NASAケネディ宇宙センター
オービタコロンビア
帰還地NASAケネディ宇宙センター
軌道高度270km
軌道傾斜角28.45度
姿勢シャトルのペイロードベイ(貨物室)を地球に向け エンジン側を先頭に飛行する
ミッション期間16日間(予備日2日間)
搭乗員7名
実験装置12装置
テーマ数28





軌道上実験計画


MSL−1では、ケネディ宇宙センターでスペースシャトルが打ち上げられた後、飛行期間16日間の実験が実施されます。大型均熱炉を使用する実験は、日本の4実験テーマおよび米国の2実験テーマが実施される予定です。日本の実験では、筑波宇宙センターで作成した実験パラメータを実験装置に送信する運用を初めて実施します。
「LIF軌道上実験運用計画」は平成9年2月28日現の情報に基づくものです。





JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ