サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2012年9月

古川宇宙飛行士、JAXAシンポジウム2012に登壇

最終更新日:2012年10月22日
写真:トークセッションの様子

トークセッションの様子(出典:JAXA)

古川宇宙飛行士は、9月19日に福岡市で、21日に札幌市で開催したJAXAシンポジウム2012「宙(そら)から視(み)る、宙(そら)をつかう」において、「宙(そら)を匠(つく)るひと ~星出飛行士、宙(そら)に」をテーマにしたトークセッションに登壇しました。

トークセッションでは、ナビゲーターにパックンマックンを迎え、星出宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッションの内容や、古川宇宙飛行士自身が行った医学実験の成果を紹介しました。会場からは「近い未来に宇宙で生活するために、普段の生活のなかでできることは?」など、ユニークな質問が多く寄せられ、大いに盛り上がりました。

トークセッションの最後に、古川宇宙飛行士は来場者に向けて、「いろいろなことに興味を持ち、夢に向かって一歩ずつ努力をすれば、たいがいの夢はかなう」とエールをおくりました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約