サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙日本食

認証基準概要

「きぼう」日本実験棟船内実験室の窓と宇宙日本食(カレーラーメン)

「きぼう」日本実験棟船内実験室の窓と宇宙日本食(カレーラーメン)

宇宙日本食としての認証を受けるには、認証基準を満たす必要があります。

国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙食を供給するには、長期間の保存に耐えることや宇宙飛行が可能なことなど、ISS宇宙食供給の基準文書「ISS FOOD PLAN」の要求項目を満たさなければなりません。

また、日本で製造される食品であるため、日本の食品安全基準を遵守することも必要です。それらを踏まえ、宇宙日本食の認証基準が定められています。

宇宙日本食認証基準概要

  • 製造設備の設置場所は日本国内であること
  • 製造設備はHACCP(※)、またはそれに準じた管理を行うこと
  • 衛生性の検査(微生物検査等)
  • 栄養性の検査(栄養成分分析)
  • 品質検査(水分活性、粘度、減圧/耐圧検査、耐寒/耐熱検査)
  • 保存性試験(1.5年の実時間 or 加速試験)
  • 官能検査(色、におい、風味、食感、外観を評価)
  • その他(オフガス試験、立入検査、調理等適合検査、5年間の生産維持、食品毎に必要とされる検査)

※:危害分析に基づく重要管理点(Hazard Analysis & Critical ControlePoint: HACCP)

認証プロセス
搭載プロセス

(特に断りの無い限り、画像は出典:JAXA/NASA)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約