GCEM実験 ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現メカニズムの解明

公開 2020年3月17日

三上 真人 MIKAMI Masato

山口大学大学院 創成科学研究科 教授

Group CombustionElucidation of Flame Spread and Group Combustion Excitation Mechanism of Randomly-distributed Droplet Clouds

完了
宇宙利用/実験期間 2017年 ~
研究目的 今回の宇宙実験では、数個の液滴を平面上に配置した液滴群(少数液滴群)、さらに100個以上の液滴を配置したランダム分散液滴群の燃焼過程を詳しく調べ、液滴間の火炎の燃え広がりと群燃焼が起こるメカニズムを解明することを目的としています。
宇宙利用/実験内容 本実験では、少数液滴群の燃え広がり限界距離の方向による変化を詳しく調べた上で、燃え広がりに関する法則を100個以上の多数の液滴から構成されるランダム分散液滴群でも検証します。
期待される利用/研究成果 本実験は、「きぼう」で行われるはじめての燃焼実験です。 この実験によって、これまでの短時間微小重力実験で得られた少数液滴燃焼に関する知見と液滴群燃焼を理論的に結び付けることができると考えられています。 また、群燃焼の発生メカニズムが解明されることにより、噴霧燃焼の数値シミュレーションの高度化が可能となるため、高効率で環境にやさしいエンジンの開発にも大きく寄与するものと期待されています。
研究論文
雑誌名
Microgravity Science and Technology 26 June 2018
論文名
著者名
Mikami M, Yoshida Y, Seo T, Sakashita T, Kikuchi M, Suzuki T, Nokura M.
DOI
10.1007/s12217-018-9637-2.
雑誌名
International Journal of Microgravity Science and Application
論文名
著者名
Yoshida Y, Seo T, Mikami M, Kikuchi M.
DOI
10.15011//jasma.36.360303.
雑誌名
International Journal of Microgravity Science and Application
論文名
著者名
Nomura H, Suganuma Y, Mikami M, Kikuchi M.
DOI
10.15011//jasma.36.360304.
雑誌名
Proceedings of the Combustion Institute
論文名
著者名
Yoshida Y, Iwai K, Nagata K, Seo T, Mikami M, Moriue O, Sakashita T, Kikuchi M, Suzuki T, Nokura M.
DOI
10.1016/j.proci.2018.07.106.

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム