氷結晶成長におけるパターン形成

公開 2020年3月16日

古川 義純 FURUKAWA Yoshinori

北海道大学 低温科学研究所 教授

Ice CrystalPattern Formation during Ice Crystal Growth

完了
研究目的 対流のない微小重力下において界面異方性の強い氷結晶を成長させ、形態観察および結晶周囲の温度分布計測を行うことにより、結晶の形態形成メカニズムを解明します。(理論モデルの検証)。
宇宙利用/実験内容 この実験は溶液結晶化観察装置(SCOF)という実験装置を使って行います。この実験装置は顕微鏡と干渉計を備えており、結晶成長過程を詳しく調べることができます。温度制御された結晶成長セルの中で氷が成長する様子、とくに円盤状の結晶が不安定な状態になるときの様子を詳細に観察して、その厚みや直径、成長速度を計測します。
研究論文
雑誌名
Journal of Physical Chemistry B 1 June 2011
論文名
著者名
Yokoyama E, Yoshizaki I, Shimaoka T, Sone T, Kiyota T, Furukawa Y.
DOI
10.1021/jp110634t.
雑誌名
Microgravity Science and Technology 26 May 2012
論文名
著者名
Yoshizaki I, Ishikawa T, Adachi S, Yokoyama E, Furukawa Y.
DOI
10.1007/s12217-012-9306-9.
雑誌名
Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan
論文名
著者名
Adachi S, Yoshizaki I, Ishikawa T, Shimaoka T.
DOI
10.2322/tastj.12.Ph_1.
雑誌名
Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matte 22 November 2011
論文名
著者名
Adachi S, Yoshizaki I, Ishikawa T, Yokoyama E, Furukawa Y, Shimaoka T.
DOI
10.1103/PhysRevE.84.051605.
詳細

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム