カイコ生体反応による長期宇宙放射線曝露の総合的影響評価

公開 2020年3月18日

古澤 壽治 FURUSAWA Toshiharu

京都工芸繊維大学 名誉教授

Rad SilkIntegrated Assessment of Long-term Cosmic Radiation Through Biological Responses of the Silkworm, Bombyx mori, in Space

完了
宇宙利用/実験期間 2009年 ~
研究目的 カイコの卵を休眠状態で宇宙に持って行き、発生の初期段階での宇宙放射線の影響をみるのが、この実験の大きな目的の一つです。
宇宙利用/実験内容 カイコの休眠から醒めた卵を5℃で打ち上げます。 途中で20℃に温度を上げて胚を発生させます。 細胞分裂が始まり、各器官が作られていきます。 この発生初期段階は放射線の影響が大きいことが地上の実験で明らかになっています。冷蔵保存するグループと、冷凍保存するグループに分けて、地上に持ち帰ります。 冷蔵保存したものは地上で発生を続け、その後の成長の様子や次世代への影響を観察します。 冷凍で持ち帰ったものは、遺伝子を分析して、どんな遺伝子が発現し、タンパク質が作られているかなどの解析に用います。
期待される利用/研究成果 宇宙船内でどんな放射線をどのくらいあびたかという「物理計測」と関連づければ、その「生物学的影響」を指標とした放射線量の「生物計測」につながることが期待されています。
研究論文
雑誌名
Journal of Radiation Research 20 June 2009
論文名
著者名
Furusawa T, Fukamoto K, Sakashita T, Suzuki E, Kakizaki T, Hamada N, Funayama T, Suzuki H, Ishioka N, Wada S, Kobayashi Y, Nagaoka S.
DOI
10.1269/jrr.09021.
雑誌名
Advances in Space Research 15 April 2009
論文名
著者名
Yang Y, Tang L, Tong L, Liu H.
DOI
10.1016/j.asr.2008.12.009.
雑誌名
Biological Sciences in Space
論文名
著者名
Furusawa T, Nojima K, Ichida M, Nagaoka S, Sugimura Y, Suzuki E, Sumida M, Suzuki H, Simazu T, Omori K, Ishioka N, Fujii H, Nagaoka S.
DOI
10.2187/bss.23.61.
詳細

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム