重力によるイネ芽生え細胞壁のフェルラ酸形成の制御機構

公開 2020年3月18日

FerulateRegulation by Gravity of Ferulate Formation in Cell Walls of Rice Seedlings

完了
宇宙利用/実験期間 2010年 ~ 2010年
研究目的 単子葉イネ科植物の細胞壁の「補強材」であるフェルラ酸とジフェルラ酸に着目し、これらの物質の代謝に関わる酵素の働きや遺伝子の働きについて調べます。
宇宙利用/実験内容 宇宙で種子を発芽させ、6日後に凍結状態にして地上に回収します。地上では、細胞壁の強度や化学成分などについてさまざまな分析を行います。
期待される利用/研究成果 研究の結果として、細胞壁を丈夫にして風に倒れにくい丈夫なイネを作るなど、地上での品種改良にも生かされる可能性がありますし、また宇宙での植物生産にも役立つと期待されます。
研究論文
雑誌名
PLOS ONE 17 September 2015
論文名
著者名
Wakabayashi K, Soga K, Hoson T, Kotake T, Yamazaki TQ, Higashibata A, Ishioka N, Shimazu T, Fukui K, Osada I, Kasahara H, Kamada M.
DOI
10.1371/journal.pone.0137992.
雑誌名
Physiologia Plantarum 01 June 2017
論文名
著者名
Wakabayashi K, Soga K, Hoson T, Kotake T, Kojima M, Sakakibara H, Yamazaki TQ, Higashibata A, Ishioka N, Shimazu T, Kamada M.
DOI
10.1111/ppl.12591.
詳細

関連リンク

若林 和幸 WAKABAYASHI Kazuyuki

大阪市立大学大学院 理学研究科 准教授


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム