宇宙居住の安全・安心を保証する「きぼう」船内における微生物モニタリング

公開 2020年3月17日

那須 正夫 NASU Masao

Microbe-IV“Microbe”: Microbiological monitoring in the International Space Station –KIBO

解析中
宇宙利用/実験期間 2015年 ~
研究目的 本研究では、先行研究(Microbe I~III)の実績をもとに、宇宙環境での超長期居住における微生物モニタリング法を確立するとともに、微生物管理のための基盤的知見を集積します。これらの成果をもとに、他の宇宙機関やESA等と連携してデータを蓄積することにより、宇宙居住環境におけるヒトや機器などに対する微生物の影響を最小限に抑えることを目的とします。
宇宙利用/実験内容 「きぼう」日本実験棟内で、宇宙飛行士が機器表面などから、滅菌済み綿棒、真菌培養シートあるいは独自に作製した粘着集菌デバイスを用いて、微生物サンプリングを行います。さらに、エアサンプラーおよびパーティクルカウンターを用いて「きぼう」内の浮遊パーティクル数をモニタリングあるいは計測します。収集した試料は、冷凍あるいは冷蔵下で保存し、地上へ持ち帰ります。
期待される利用/研究成果
  • 細菌現存量の測定結果から、ISS・「きぼう」は現状では微生物学的に適切に管理されている空間であると考えられます。
  • 微生物群集構造の解析結果から、ISS・「きぼう」船内は、ヒトの常在微生物が優占しており、Microbe-I/II/IIIの解析結果と同じく、宇宙飛行士の接触により、体表面から各機器等の表面に移行したものと考えられます。

関連トピックス

詳細

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム