立体臓器の構築と拡大に向けた微小重力下でのYAP-メカノホメオスターシスの解析

公開 2020年3月17日

清木 誠 SEIKI Makoto

Analysis of the impact of micro-gravity upon YAP-mechanohomeostasis toward generating and expanding a complex 3D organ

準備中
研究目的 YAP-メカノホメオスターシスを活用して、臓器の立体構築と拡大の基本原理を明らかにし、 iPS/ES細胞からの臓器創出技術の確立に向けた知見獲得を目指します。
宇宙利用/実験内容 宇宙実験では、①メダカ胚と肝芽を用いて重力シグナルに応答するYAPの応答変化を捉え、 ②地上では扁平化するYAP欠損であるhirame変異体が微小重力下で扁平化するか否かを明らかにし、重力と臓器の立体構築、YAPとの関係について解析します。さらに地上において、重力-YAP-メカノホメオスターシスを利用した臓器拡大プロセスの知見獲得を目指します。
期待される利用/研究成果 重力変化によるiPS/ES 細胞からの臓器の立体構築・拡大に関する基本原理を明らかにできれば、再生医療分野における独創的な基盤研究となることが期待されます。

関連トピックス

詳細
タイトル サイズ ID
立体臓器の構築と拡大に向けた微小重力下でのYAP-メカノホメオスターシスの解析 [ pdf: 479.4 KB] 70643

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム