2020年度「きぼう」利用マウス特定解析課題研究の募集について

更新 2020年9月30日
公開 2020年8月 3日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、これまでに国際宇宙ステーション(ISS)/「きぼう」で実施されたマウス飼育ミッションで取得した映像データと帰還時に取得した精子利用して、今後の有人宇宙探査等に向けた研究提案の募集を行います。
また、本募集は「きぼう」利用の裾野拡大及び軌道上実験での未解析サンプルの有効活用も目的としております。

すでに軌道上ミッションが完了したサンプルであるため、比較的簡易に微小重力影響に関する研究材料を入手できる貴重な機会となっております。本格的な宇宙実験提案の前に微小重力影響材料を用いて評価・解析を実施したい方は、ぜひ応募をご検討ください。

応募締め切り

2020年9月30日(水)正午(日本時間)

※ 応募受付フォーム(電子申請)を介して、上記期日までに提出を完了して下さい 。

応募関係書類

応募に際しては、必ず募集案内をご覧の上、指定の提案書にて応募ください。

タイトル サイズ ID
マウス特定解析課題研究・募集案内 2020年度 [ pdf: 721.9 KB] 71669
マウス特定解析課題研究・提案書 2020年度 [ docx: 41.2 KB] 71670

共同研究契約について

映像データおよび精子サンプルの提供に際して提案者の所属機関とJAXAとの間で共同研究契約を締結させていただきます。提案者及び所属機関は共同研究契約書に定める契約条件に同意のうえ、提案書を提出してください。

共同研究契約は以下からダウンロードして下さい。

なお、採択後の予備検討過程で、研究計画がほぼ確定できる状況になった時点で、締結済みの上記の共同研究契約書から下記の共同研究有償契約書への変更について、提案者の所属機関とJAXAの間で調整することは可能です。但し、映像データ対象の研究の場合は、二次選考で採択された場合のみが契約変更の調整が可能です。

募集説明会について

2020年度に募集する「きぼう」利用テーマ(FSテーマ、マウス特定解析課題研究、マウスサンプルシェアテーマ、「きぼう」での静電浮遊炉を利用した材料研究テーマ)に関する説明、これまでの「きぼう」利用成果に関するプレゼンテーション、及び個別の利用相談会を開催します。募集期間中はメールでの問い合わせにも随時対応してます。

応募・お問い合わせ先

応募受付フォーム(電子申請)を介して応募書類を提出してください。


提出後の提案書の変更はできませんのでご注意ください。募集説明会(9/4開催)の前に提出し、募集説明会後に提案書を修正されたい場合でも変更はできませんので、予めご承知おきください。


提案内容に関わらない提案書への記入方法、提案書作成上の事項や提案内容の宇宙実験実施に関わる技術的な事項等に関して、不明な点やご質問等がございましたら下記まで、E-mailにてお問合せください。

(一財)日本宇宙フォーラム(JSF)宇宙利用事業部
「きぼう」利用マウス特定解析課題研究募集係

お問合せは、電子メールの件名に「マウス特定解析課題研究募集」と記載してください。

参考資料


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム