2020年度iBIX-JAXA-KEK物構研-QST合同研究会オンライン開催のご案内

公開 2020年9月10日

茨城県内には、タンパク質の構造研究に関する研究機関が整っています。これらの機関が一堂に会し、タンパク質に代表される生体物質の構造解析の更なる飛躍を目指して、研究会を開きます。

3回目となる今回は、「金属タンパク質の金属イオンの電荷」をテーマとし、金属タンパク質の金属イオンはタンパク質内にどのように取り込まれるのか、金属タンパク質について水を含めて現在どこまで分かっているのか、最近のトピックスを交え6講演を行います。


オンライン開催について

開催日時:2020年11月9日(月) 13:00~17:00
本年はWEB配信によるオンライン開催です。参加を希望される方は、参加申し込みフォーム よりお申し込みください。申し込みの締め切りは11月2日です。

プログラム

  • アジェンダは予告なく変更となる場合があります。
  • 講演時間は質疑応答時間10分を含みます。

 今野美智子(茨城県)、吉崎泉(JAXA)、千田俊哉(KEK物構研)、玉田太郎(QST)

プログラム前半

 玉田 太郎(QST)

時間 内容 発表者(所属)
13:00
開会挨拶
今野 美智子(茨城県)
13:05-13:25
JAXA PCG 膜タンパク質プロジェクトの紹介
成田 宏隆(JAXA)
13:25-14:15  特別講演 
銅アミン酸化酵素の高分解能中性子結晶構造と触媒反応機構
岡島 俊英(大阪大学)
14:15-14:45
高電位鉄硫黄タンパク質の高分解能X線結晶構造解析
平野 優(QST)
14:45-15:00
休憩
 

プログラム後半

 千田 俊哉(KEK物構研)

時間 内容 発表者(所属)
15:00-15:30
放射光ビームラインにおける顕微分光装置の利用
引田 理英(KEK物構研)
15:30-16:20  特別講演 
病原性微生物における金属動態の分子機構解析
津本 浩平(東京大学)
16:20-16:50
Ni結合型ルブレドキシンの物性・機能相関の解明
庄村 康人(茨城大学)
16:50
閉会挨拶
吉崎 泉(JAXA)

研究交流会概要

日時
場所
参加をお申し込みの方に、後日URLを通知します
参加費
主催
  • 茨城県中性子利用研究会
  • (国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)きぼう利用センター
  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所
  • (国研)量子科学技術研究開発機構(QST)量子生命科学領域
共催
  • 中性子産業利用推進協議会
  • J-PARC/MLF利用者懇談会
  • 新世代研究所 水和ナノ構造研究会
参加申し込み
申し込み締め切り:11月2日(月) まで

参加を希望される方は「参加申し込みフォーム」からお申し込みください
参加申し込みフォーム

  • 入力いただいたメールアドレスにお申し込み確認のメールが自動的に送信されます。
  • 返信がご確認いただけない場合は、メールにてお申し込みください。

    フォームでのお申し込みがうまくいかない場合

    (1)名前、(2)所属、(3)連絡先(電話番号、メールアドレス)を記入して、事務局までメールでご連絡ください。
    事務局:茨城県中性子利用研究会 田中志穂(

  • 申し込みした方へは、オンライン接続(ZOOM)に必要な情報を、開催1週間前を目安にメールでお知らせします。
【高品質タンパク質結晶生成実験】

JAXAでは、微小重力環境を利用した「高品質タンパク質結晶生成実験」を推進しています。

【きぼう利用ネットワーク】

最新の宇宙実験の成果や公募・セミナー情報を知りたい方は「JAXAきぼう利用ネットワーク」にご登録ください。Twitterでも情報を発信しておりますのでフォローください。


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム