サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

最終更新日:2020年9月15日

皆様から送っていただいた国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」の写真をご紹介します。

※写真の応募については、写真の掲載をもって受付完了とさせて頂きます。応募多数の場合は、掲載までに数日かかることがあります。あらかじめご了承ください。

»ISS写真の応募

最新の写真(9月15日)

9月15日

タイトル:今朝(9/15)のISS
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2020年09月15日05時03分03秒~2020年09月15日05時03分14秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (f151mm F3.5 ISO6400)+Kenko Starry Night Filter+ 固定露出5秒を2枚合成
コメント:TV&携帯基地局の山頂脇の雲間を国際宇宙ステーションが飛翔して行きました。

»各写真のページへ

9月14日

タイトル:今宵(9/14)のISSと木星と土星
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2020年09月14日19時14分17秒~2020年09月14日19時14分56秒
撮影機材:Canon EOS 6D + TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD(f38mm F4.0 ISO6400)+KENKO STARRY NIGHT Filter+露出5秒を7枚合成
コメント:まだ暮れきらない空の木星と土星の下低く国際宇宙ステーションが飛翔して行きました。

»各写真のページへ

タイトル:今朝(9/01)の山上無線塔とISS
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2020年09月14日04時15分12秒~2020年09月14日04時15分34秒
撮影機材:Canon EOS 6D + SIGMA 500mm F4.5 APO EX DG HSM (f500mm F4.5 ISO25600)露出2秒を9枚合成
コメント:太平洋上の小笠原東方付近を飛翔して行く国際宇宙ステーションが山影に隠れて行きました。

»各写真のページへ

タイトル:ISSとオリオン座
お名前:おはなしヨシコ さん
撮影場所:広島市南区の駐車場
撮影日時:2020年09月14日04時13分07秒~2020年09月14日04時12分13秒
撮影機材:NikonZ6 三脚
コメント:夜中までツール.ド.フランスを観て、ISSに会えるかどうか....目が覚めてよかったです。自宅の近くで撮りました。4:11 北北東に現れるのを待ちました。ISSが現れたら、液晶画面で追っかけました。お月さまと金星の上を通って、東南東に向かって、オリオン座のそばを移動していきました。30秒で三脚が揺れないようにと...力んでしまうので撮れてるかどうか心配でした。インターバルタイマー撮影にいつかチャレンジしてみたいです。4:13 東南東に消えていったのをずっと見つめました。

»各写真のページへ

タイトル:月と金星の上にISS
お名前:おはなしヨシコ さん
撮影場所:広島市南区 駐車場
撮影日時:2020年09月14日04時12分13秒~2020年09月14日04時13分07秒
撮影機材:Nikon Z6 三脚
コメント:細いお月さまと金星が東の空に見えました。南の空にはオリオン座。冷たい朝でした。4:11 北北東にISSが現れました。いつもドキドキしながら追いかけます。楽しい時間を過ごせました。インターバル タイマー撮影もチャレンジしたいです。

»各写真のページへ

タイトル:頭上を通過しました
お名前:山原 好信 さん
撮影場所:京都市山科区
撮影日時:2020年09月14日04時11分54秒~2020年09月14日04時11分54秒
撮影機材:BORG71FL400mmF5.6、2×テレコンバーター、ニコンZ50、ISO-2000、1/1000秒、1200mm換算。トリミング。
コメント:ほぼ頭上を通過し条件がよいのできちんと写っているかなと思いましたが、拡大するともう一つでした。カメラの画像サイズをSにしていたことも要因のひとつと考えています。

»各写真のページへ

タイトル:2020年9月14日のISS(その1)
お名前:渕上 哲郎 さん
撮影場所:鹿児島市坂元町
撮影日時:2020年09月14日04時11分49秒~2020年09月14日04時14分03秒
撮影機材:上、ニコンD700、露出5秒×12コマを比較明コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mm、、ISO感度:800、撮影時間:04時11分49秒~04時12分51秒
下、露出5秒×13コマを比較明コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mm、、ISO感度:800、撮影時間:04時12分55秒~04時14分03秒
コメント:北北東に出現したISSが金星と接近した細い月の近くを飛翔して行きました。湿った気流が流れ込んでいてなかなかスカッと晴れてくれません。!

»各写真のページへ

タイトル:今朝(9/14)のISSと冬のダイヤモンド
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2020年09月14日04時11分38秒~2020年09月14日04時14分52秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TOKINA AT-X 107 DX Fisheye (10-17mm/F3.5-4.5) (f11mm F3.5 ISO6400)+GOTO SKYGRAPHガイド露出10秒を17枚合成
コメント:今月からISSに設置された無線機でARISSのクロスバンドレピーターの運用が開始されて国内のアマチュア無線局の交信が行われているダウンリンクを受信機で聞きながらの国際宇宙ステーションが薄っすらと月暈の見える空を飛翔して行きました。

»各写真のページへ

タイトル:甲府盆地と国際宇宙ステーション
お名前:稲岡慶郎 さん
撮影場所:山梨県韮崎市甘利山
撮影日時:2020年09月14日04時11分30秒~2020年09月14日04時16分30秒
撮影機材:OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
14mm(35mm換算) F=4 ISO=1600 10秒露出のライブコンポジット撮影
コメント:富士山と甲府盆地の夜景を撮影しようと韮崎市の甘利山へ。国際宇宙ステーションが甲府盆地の夜景の中へと消えて行きました。この後雲が覆い富士山と夜景は残念ながら見ることはできませんでした。

»各写真のページへ

9月13日

タイトル:2020年9月13日のISS
お名前:渕上 哲郎 さん
撮影場所:鹿児島市坂元町
撮影日時:2020年09月13日04時58分11秒~2020年09月13日05時01分02秒
撮影機材:上、ニコンD700、露出4秒×9コマを比較明コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mm、ISO感度:400、撮影時間:04時58分11秒~04時58分48秒、
下、露出4秒×12コマを比較明コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mm、ISO感度:400、撮影時間:05時00分12秒~05時01分02秒、
コメント:南九州地方は11日から可視期間となりましたが、天候不良でやっと今朝がた雲間に北西から南東方向へ飛翔して行くのが見られました。

»各写真のページへ

タイトル:H-IIロケットと「きぼう」の軌跡
お名前:早坂 義裕 さん
撮影場所:茨城県つくば市 つくば中央公園(エキスポセンター前)
撮影日時:2020年09月13日03時21分00秒~2020年09月13日03時26分00秒
撮影機材:本体:OLYMPUS PEN-F
レンズ:M.Zuiko DIGITAL14-42mm F3.5-5.6 II R
    Wide Converter WCON-P01

コメント:つくばエキスポセンターの展示ロケットと一緒に撮りたくてこの構図にしました。
見方によっては「ロケットペンシルで空に線を描きました」って...

出現時から終了時までをほとんど1枚に納められたと思います。

»各写真のページへ

9月11日

タイトル:2020年9月11日朝太陽の明るさで見えなくなる前のISS
お名前:富樫 正一 さん
撮影場所:東京板橋区
撮影日時:2020年09月11日04時58分49秒~2020年09月11日04時59分27秒
撮影機材:キャノンEOS 7D MarkⅡ EF-S15-85 15㎜ ISO(AUTO 2500~2000)絞りF3.5 1/60秒×330枚 比較明で合成
コメント:太陽の明るさでもう少しでISSが見えなくなる前のISSの飛翔を見ることが出来ました。

»各写真のページへ

タイトル:日の出21分前
お名前:坂井美晃 さん
撮影場所:千葉県君津市
撮影日時:2020年09月11日04時57分58秒~2020年09月11日04時59分07秒
撮影機材:40cmF4.5ドブソニアン ×2バロー使用
CanonEOS7Dmk2 ISO1600 1/1000秒露出
テルラドファインダー改にて手動追尾
ステライメージにてアンシャープマスク処理
ペイントにて12コマ合成
コメント:最大高度83度,最接近距離424km,ほぼ天頂のパス。
日の出21分前ですが肉眼ではっきりと見え,追尾できました。ただ,真夏のどんよりした空気からは変わり,やや寒気が流入した様子でシーイングは今ひとつだった模様です。

»各写真のページへ

9月10日

タイトル:2020年9月10日 早朝のISS撮影
お名前:富樫 正一 さん
撮影場所:東京板橋区アパート
撮影日時:2020年09月10日04時06分58秒~2020年09月10日04時08分47秒
撮影機材:キャノンEOS 7D MarkⅡ EF-S15-85 15mm ISO1000
絞りF3.5 4秒×24枚 比較明で合成
コメント:久しぶりのISS 雲がもう少し低かったら見えなかった、ちょうど雲の下の所を飛翔して行ったので見ることができました。

»各写真のページへ

タイトル:H-2ロケットのえんぴつで「きぼう」の軌跡を描きました
お名前:早坂 義裕 さん
撮影場所:茨城県つくば市阿妻 つくば中央公園
撮影日時:2020年09月10日04時06分10秒~2020年09月10日04時11分00秒
撮影機材:OLYMPUS PEN F
M.zuiko 14-42 3.5-5.6IIR+WCON P-01
コメント:つくば市のエキスポセンターに展示してあるH-2ロケットと「きぼう」を合わせてみたく、こんな写真とってみました。
そうしたら、なんだかロケットの鉛筆で「きぼう」の軌跡を空に描いたような図になってしまって...
ちょっと残念なのはロケットの左側の軌跡が雲で隠れてしまったことでしょうか...

»各写真のページへ

9月 4日

タイトル: ISSまで894km
お名前: 坂井美晃 さん
撮影場所: 千葉県袖ケ浦市横田
撮影日時: 2020年09月04日07時20分00秒~2020年09月04日07時20分02秒
撮影機材: CanonEOS7DMK2 ×1.4エクステンダー使用 笠井MK66マクストフカセグレン タカハシP2にて自動追尾
ISO1000 1/3200秒露出 アストロソーラーND5使用
Kikuchi Magicにて17コマ比較暗合成 ステライメージにてアンシャープマスク処理 ペイントで拡大枠作成
コメント: 9月なのに猛烈に暑いです。稲刈りをしている田んぼのあぜ道に車を止めて,太陽面通過を撮影してきました。高度24.6度,距離894km,通過時間1.66秒という遠いパスです。計算通りに画面中央を通過してくれましたが,東京-鹿児島間の距離に相当し,さすがにおぼろげな姿しか写りません。ファインダーの視野を小さな影が通り過ぎて行くのが見えました。

»各写真のページへ

9月 1日

タイトル:今朝(9/01)のISS
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町枯井
撮影日時:2020年09月01日03時10分55秒~2020年09月01日03時12分22秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ (f46mm F3.5 ISO3200) +KENKO STARRY NIGHT Filter + 露出10秒を8枚合成
コメント:サハリン上空辺りのこちらでの高度9度程から見え出した今月最初の国際宇宙ステーションが月明かりの中北の空低く飛翔して行きました。(掠めているのはβ UMa)

»各写真のページへ

8月31日

タイトル:今朝(8/31)のISS
お名前:笹岡 省三 さん
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町辰ヶ崎
撮影日時:2020年08月31日03時56分35秒~2020年08月31日03時59分19秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ (f17mm F3.5 ISO6400) +KENKO STARRY NIGHT Filter + 露出10秒を14枚合成
コメント:今月最後の国際宇宙ステーションが北極星の下方低く飛翔して行きました。

»各写真のページへ

8月30日

タイトル:夏の終わりの太陽面通過
お名前:坂井美晃 さん
撮影場所:千葉県木更津市かずさ2号公園
撮影日時:2020年08月30日09時40分34秒~2020年08月30日09時40分35秒
撮影機材:タカハシFS102 ×2バロー使用 ビクセンGPD2にて自動追尾
アストロソーラーND5使用
CanonEOS7Dmk2 ISO1000 1/6400秒露出
KikuchiMagickにて8コマ比較暗合成
ステライメージにてアンシャープマスク処理
ペイントにて拡大枠作成(1コマ目)
笠井MK66マクカセ タカハシP2にて自動追尾
アストロソーラーND5使用
CanonEOS7D ISO1000 1/4000秒露出
KikuchiMagickにて6コマ比較暗合成
ステライメージにてアンシャープマスク処理
ペイントにて拡大枠作成(1コマ目)
コメント:夏の終わりなのにまだまだ暑く,汗を流しながらの撮影でした。高度52度,ISSまで525km,0.8秒の出来事。
40分前に着いて,15分で機材を組み立て,外部モニターを使って25分かけてピントを追い込みました。太陽中心を通る計算通りのパスで,シャープな画像が得られたようです。

»各写真のページへ

タイトル:ISS拡大撮影 太陽面通過
お名前:テルジ さん
撮影場所:神奈川県川崎市大師公園
撮影日時:2020年08月30日09時40分18秒~2020年08月30日09時40分32秒
撮影機材:拡大撮影 COOLPIX P1000,ISO-125, Av=8.0, Tv=1/1250s(/1Frame), (35mm換算1800mm) 4K動画
コメント:天頂付近から南東に向かう下り途中に高度52°で太陽を0.8秒間で通過。4K動画からフレームを取り出し、太陽の輪郭を基準にしてマニュアル方式で比較暗処理しました。その中から数枚写りが良いISS画像を拡大して左側に貼り付けました。

»各写真のページへ

»ISS写真の応募

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約