JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク 螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ 繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

皆様から送っていただいたISSの写真 (2004年5月)

<< 4月 | 7月 >>
homeindexback

皆様から送っていただいた国際宇宙ステーション(ISS)やスペースシャトルなどの写真をご紹介します。サムネイルをクリックすると写真が拡大されます。

撮影日時 サムネイル タイトル、コメントなど

2004年
5月29日
20040529.jpg
タイトル 雲間を昇ってくる国際宇宙ステーション
撮影場所 東京都町田市三輪中央公園
撮影日時 2004年5月29日 20時54分01秒から15秒間露光 絞り:F2.3
お名前 八柳 正之 さん
ご職業 会社員
コメント 5月は天気が悪く、ISSが見えませんでしたが、今日が最後のチャンス。
雲の合間に見えたので写しましたが、すぐ雲に入ってしまいました。後ろから光が当たっているので、とても暗く見えました。

2004年
5月14日
20040514_2.jpg
タイトル 岐阜大学上空を飛行する国際宇宙ステーション
撮影日時 2004年5月14日 19時43分
お名前 川上 紳一 さん
ご職業 岐阜大学教育学部教授
コメント ニート彗星の観測中に国際宇宙ステーションがやってきました。
北東方向へ遠ざかっていくところを撮影しました。
天体望遠鏡での撮影を試みましたが、空振りです。
カメラはCANON D60です。

20040514.jpg
タイトル しし座と木星とISS
撮影場所 群馬県高崎市、群馬県立高崎高等学校
撮影日時 2004年5月14日 19時43分
撮影機材 Canon EOS Kiss Digital 18ミリ F4 20秒 (画像補正済)
お名前 丸橋 覚 さん
ご職業 高校教師
コメント 高崎高校では、今年8月に実施される「NASA派遣事業」に参加する生徒82名を対象に、NASA事前授業が行われました。(高崎女子高校43名を合わせて125名対象)
その授業の課題として「ISS目視観測会」を実施し、集まった生徒と共にISSを観測しました。
高崎高校2年のK君は、急に空にとって明るい光が現れ、スーッと天頂付近を通過していく様子は、UFO!?と思うくらいでした。あんな小さな光の点を人が作り出し、人が住んでいるなんてすごいと思った。
S君は、予想していたものよりはっきりきれいに観察することができた。また、双眼鏡で見ていたら、光源(反射しているところ)が複数見えた、と感想を述べてくれた。
突然現れた(!?)ISSに慌ててカメラを向けたら、丁度しし座と木星がうまく入っていました。
5月31日にも「第2回ISS目視観測会」を実施する予定です。

2004年
5月3日
20040503.jpg
タイトル ISSの月面通過
撮影場所 茨城県藤代町(東経140゜05'45"、北緯35゜56'20")
撮影日時 2004年5月3日 23時56分26秒
撮影機材 口径16cm反射望遠鏡+デジカメ(ニコン CoolPix 950)
撮影方法:接眼レンズ(Or32mm)を用いたコリメート撮影
露出:1/500秒
お名前 甲斐 雅一 さん
ご職業 会社員
コメント ・仰角、約40度の月面を通過するISSです。
・ISSは移動量が非常に大きく、1.5コマ/秒の連写機能では、写っていたのは唯一この1コマだけでした。(西から東へ移動)
・この写真では、ISSの視直径は月の約1/85(約23"角)に相当し、月と比較し、あまりにも小さいため、拡大写真を添えました。(なべぶた状のISSが分かるかと思います。)
・望遠鏡での見え方に準じ、南を上にしています。

最終更新日:2004年5月19日

<< 4月 | 7月 >>
homeindexback
JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ