JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 
船外活動(EVA)とは

宇宙飛行士が宇宙船の外で行う活動、例えば装置や構造物の組み立てや修理、故障したり機能の低下した人工衛星の修理、科学機器の操作、サンプルの収集、写真撮影などの作業のことを、船外活動(Extravehicular Activity: EVA)と呼んでいます。
世界で初めてのEVAは、1965年3月18日に旧ソ連のヴオスホート2号でレオノフ飛行士によって行われました。
一方、米国初のEVAは1965年6月3日、ジェミニ4号のエドワード・ホワイト飛行士によって行われました。

宇宙飛行士が宇宙船の外に出て作業する場合には、真空や高温、低温といった宇宙空間の過酷な環境から宇宙飛行士を守るために、宇宙服を着用しなければなりません。
この宇宙服のことをNASAでは船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit: EMU)と呼んでいます。
この宇宙服には小型の生命維持装置が取り付けられており、作業しやすいようにいろいろな工夫がされています。この船外活動ユニットは、宇宙飛行士に安全な呼吸環境を提供すると共に、体温を保持したり、有害な紫外線、宇宙線や微小な宇宙塵から体を守る役割を果します。


スペースシャトルにおけるEVA概要
ジェミニ計画、アポロ計画、スカイラブ計画でEVA技術を蓄積してきたNASAは、スペースシャトル計画で様々なEVAを実施することにより、宇宙ステーションの組立、人工衛星の捕獲・修理・補給・再放出など、船外での実用的な作業が可能であることを実証しました。



最終更新日:2003年 3月24日

JAXAトップページへサイトポリシー