JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の放射線被曝管理指針が答申される

 宇宙開発事業団では、4月11日に黒田勲氏を委員長とする有人サポート委員会より、国際宇宙ステーションに搭乗する日本人宇宙飛行士の放射線被曝管理に関する答申を受けました。
 この答申は、宇宙飛行士の放射線被曝管理のあり方に係る調査検討結果を、「国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士放射線被曝管理指針」としてとりまとめたものです。とりまとめにあたっては、これまでアメリカやロシアが行ってきた宇宙飛行士の放射線被曝管理の方法、及び地上の放射線防護の考え方等(国際放射線防護委員会勧告等)を参考にしました。
 この指針を基に宇宙開発事業団は規定を制定し、国際宇宙ステーションに搭乗する日本人宇宙飛行士の放射線被曝管理を行います。
 また、今後、国際的な動向も適切に反映し、継続的に放射線被曝管理を実施する予定です。


国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士放射線被曝管理指針
  
参考 「有人サポート委員会 宇宙放射線被曝管理分科会 報告書」へ寄せられたご意見及びその回答について(2002年2月26日発表)

最終更新日:2002年4月16日

JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ