サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」を使ってみませんか

高品質タンパク質結晶生成実験(PCG)

サービス概要

タンパク質試料(溶液)を利用者から受け取り、「きぼう」日本実験棟の微小重力環境で1.5カ月程度結晶成長させ、地上に回収します。

宇宙で実験する前に、地上実験により高純度の試料生成、結晶化条件の最適化を行い宇宙実験で最大効果を得られるようにします。

全体の流れ

全体の流れ

装置スペック

装置スペック

結晶化容器(JCB-SGT)への溶液の充填は地上で行います。結晶の生成が国際宇宙ステーション(ISS)到着後に始まるよう、結晶化溶液やタンパク質溶液の濃度、ゲルチューブの長さを調整します。


結晶化容器(JCB-SGT)

  • PET製シートでできた細長い筒状の袋(全長10cm)
  • ひとつの結晶化容器には12種類のタンパク試料を搭載できます。

セルユニット

  • 各ユニットに結晶化容器(JCB-SGT)を12個搭載可能(最大144種類のタンパク質を搭載可能)
  • 実験中の温度環境は20±2℃(打上げ/回収/地上輸送時は20±5℃)です。
タンパク質結晶生成宇宙実験

詳細資料

タンパク質から見えてくる未来[PDF: 2.4MB]
無重力の効果で品質向上[PDF: 2.72MB]
生命のしくみを解明するカギ、タンパク質
微小重力環境を利用したタンパク質結晶の高品質化技術
[PDF: 4.4MB ]
高品質タンパク質結晶生成実験 搭載タンパク質募集のおしらせ
第2期実験シリーズ 民間利用促進コース(簡易版)
[PDF: 1.71MB]
高品質タンパク質結晶生成実験 搭載タンパク質募集要項
第2期実験シリーズ 民間利用促進コース(詳細版)
[PDF: 6.95MB]
高品質タンパク質結晶生成実験 搭載タンパク質募集要項
第2期実験シリーズ 第3回実験 基盤研究利用コース(募集締め切りました)
[PDF: 9.43MB]

実例

Protein Crystal Growth in ISS これまでの宇宙実験

参加形態

利用者のニーズに対応すべく複数の参加形態を用意しております。

参加形態

参加形態毎の特徴

参加形態毎の主な特徴を一覧表に示します。

参加形態毎の特徴

* 詳細は、JAXA高品質タンパク質結晶生成実験共同研究契約約款 別表1参照

コース毎の説明

民間利用促進コース
基盤研究利用コース
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約