サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

シグナス補給船の運用支援が終了しました

最終更新日:2018年1月30日

JAXAの宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)運用管制チームは、米国のシグナス補給船の運用支援を続けてきました。

2013年9月18日に打ち上げられた「シグナス補給船実証機(Orb-D1)」に始まり、2017年11月12日に打ち上げられた「シグナス補給船運用8号機(OA-8)」に至るまで、5年に渡りシグナス補給船の運用支援を行ってきましたが、NASAとの契約満了により8号機をもって運用支援を終了することとなりました。

運用支援終了に伴い、NASAとオービタルATK社(シグナス補給船の開発・運用会社)が来日し、HTV運用管制チームとクロージングセレモニーを行いました。

JAXA、NASA、オービタルATKの関係者による記念撮影(出典:JAXA)

映像で振り返るシグナス補給船とJAXA(2018年1月制作)(出典:JAXA)

シグナス補給船の運用支援について

シグナス補給船は、「こうのとり」の国際宇宙ステーション(ISS)へのランデブ・結合方法と同じ方式を採用しています。これは、「こうのとり」が世界で初めて実現した、安全性の高いロボットアームを使ったISSへの結合方式で、ISSにおける新たなスタンダードとして定着しています。

また、ISSに接近したシグナス補給船は、日本が「こうのとり」のために開発した近傍通信システム(Proximity Communication System: PROX)との通信を確立し、PROXを介してISSと通信を行います。HTV運用管制チームがこのシグナス補給船の運用を支援していました。

これまでのシグナス補給船ミッションの紹介

シグナス補給船実証機(Orb-D1)ミッション
シグナス補給船運用1号機(Orb-1)ミッション
シグナス補給船運用2号機(Orb-2)ミッション
シグナス補給船運用3号機(Orb-3)ミッション
シグナス補給船運用4号機(OA-4)ミッション
シグナス補給船運用5号機(OA-6)ミッション
シグナス補給船運用6号機(OA-5)ミッション
シグナス補給船運用7号機(OA-7)ミッション
シグナス補給船運用8号機(OA-8)ミッション

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約