サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

シンポジウム・ワークショップ

国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用成果シンポジウム

第4回 宇宙と地上の暮らしに役立つ「宇宙医学」

最終更新日:2012年11月 5日

2012年11月5日(月) 秋葉原UDXカンファレンスにおいて、宇宙航空研究開発機構主催で『国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用成果シンポジウム(第4回)~宇宙と地上の暮らしに役立つ「宇宙医学」~』を開催しました。

主 催: 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日 時: 2012年11月5日(月)18時30分~20時30分
場 所: UDXカンファレンス 6F A+B+Cホール(東京都千代田区外神田4-14-1)
JR 秋葉原駅 電気街口より 徒歩2分

開催結果

「日本の実験棟『きぼう』とは?」
上垣内茂樹(JAXA宇宙環境利用センター)
第一部 宇宙医学の現状と成果
「宇宙実験室のおもしろさ」
向井千秋(JAXA宇宙医学研究センター長・宇宙飛行士)
「骨量減少対策の成果と意義
大島博(JAXA宇宙医学生物学研究室長)
「体内リズム研究の成果と意義
大塚邦明(東京女子医科大学教授)
「宇宙飛行士の健康管理」
松本暁子(JAXA宇宙飛行士運用技術部医長)
第二部 宇宙医学のこれから
「医療ジャーナリストから見た宇宙医学の魅力と提言」
陶山慎晃 (医学新聞メディカルトリビューン編集部記者)
パネルディスカッション「宇宙医学の魅力と成果の活用」
モデレータ:宇山恵子(医療ジャーナリスト)、向井千秋
パネラー:大島博、大塚邦明、松本暁子、陶山慎晃
閉会挨拶
山本雅文(JAXA宇宙飛行士運用技術部長)

資料

ライブ映像(「ネコビデオ ビジュアル ソリューションズ」のサイト)
当日のプログラム [PDF: 904KB]
JAXA 宇宙医学関連情報、および、パンフレット [PDF: 98KB]
開催案内(参考)

講演一覧

これまでに得られた成果
  • 生命科学分野
    高橋秀幸(日本宇宙生物科学会 理事長、東北大学 教授)
  • 宇宙医学分野
    岩崎賢一(日本宇宙航空環境医学会 理事長代行、日本大学 教授)
  • 物質・物理科学分野
    石川正道(日本マイクログラビティ応用学会 会長、理化学研究所 室長)
宇宙実験の成果を地上へ
JAXAの目指す方針
全体討論:「イノベーション創出に向けて」
閉会挨拶
  • 長谷川義幸(宇宙航空研究開発機構 理事)
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約