サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

シンポジウム・ワークショップ

国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用シンポジウム

国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用シンポジウム

最終更新日:2014年1月31日

本シンポジウムは、2014年1月31日に開催されました。シンポジウムの模様は、USTREAMとニコニコ生放送でご覧になれます。

開催概要
日時 平成26年1月31日(金) 15:00~18:00 (受付開始 14:30)
開催場所 TEPIAホール4階(港区北青山2丁目8番44号)
申込期間 1月6日(月)~1月29日(水)
主催 宇宙航空研究開発機構
フライヤー 当日配布プログラム [PDF: 2.3MB]
国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用シンポジウムプログラム
時間 内容:登壇者(敬称略)
第一部:これまでの国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用成果
15:00-15:25 これまでに得られた成果
生命科学分野
高橋秀幸(日本宇宙生物科学会 理事長、東北大学 教授)
宇宙医学分野
岩崎賢一(日本宇宙航空環境医学会 理事長代行、日本大学 教授)
物質・物理科学分野
石川正道(日本マイクログラビティ応用学会 会長、理化学研究所 室長)
15:25-16:05 宇宙実験の成果を地上へ
講演10分
ディスカッション10分
宇宙飛行士に学ぶ寝たきりにならない方法
~骨粗しょう症治療薬を使った宇宙での骨密度減少への予防効果~

○講演:松本俊夫(徳島大学 教授)
○ディスカッション:岩本幸英(日本整形外科学会理事長、九州大学 教授)
講演10分
ディスカッション10分
省エネ実現に向けた「きぼう」のソフトパワー
~宇宙実験を通じて得た技術の半導体への活用~

○講演:江龍修(名古屋工業大学 副学長)
○ディスカッション: 松本功(大陽日酸(株) 執行役員)
16:05-16:15 休憩:(休憩中に若田飛行士からのビデオメッセージを放映予定)
第二部:「きぼう」利用成果の可能性~イノベーション創出に向けて~
16:15-16:30 JAXAの目指す方針
新生JAXAが目指すもの
奥村直樹(宇宙航空研究開発機構 理事長)
今後の「きぼう」利用の進め方
長谷川義幸(宇宙航空研究開発機構 理事)
16:30-18:00 全体討論:「イノベーション創出に向けて」
○モデレータ:
横山広美(東京大学 准教授)
○パネラー:
石川正道(日本マイクログラビティ応用学会 会長)
浅島誠(産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター長)
加藤義信(中小企業基盤整備機構 チーフアドバイザー)
大竹暁(科学技術振興機構 理事)
長谷川義幸(宇宙航空研究開発機構 理事)
18:00 閉会挨拶 長谷川義幸(宇宙航空研究開発機構 理事)

※全体討論では会場からの質問も受け付ける予定です。
※プログラムは変更する場合がございます。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約