JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

実験テーマ 1
微小重力下におけるガマアンコウ耳石器単一求心性神経の応答ダイナミクス
戻る

代表研究者
S. M. ハイシュタイン(ワシントン大学) 

共同研究者 吉田 薫 (筑波大学)
臼井支朗(豊橋技術科学大学)

実験目的  宇宙飛行士が体験する現象の一つに宇宙酔いがあります。宇宙酔いは、耳石器という重力を感じる器官の働きが変化することにより、引き起こされると考えられています。
 この実験では、耳石器から脳に送られる信号を調べ、宇宙酔いの原因を明らかにすることを目的とします。

実験概要  耳石器の仕組みは魚類から哺乳類までよく似ています。この実験ではガマアンコウという魚を使い、耳石器の神経活動を打ち上げ前から帰還後まで連続的に記録、測定します。

期待される成果  耳石器の働きがどのように変化するかを知ることは、宇宙酔いの予防に役立つだけでなく、宇宙環境への順応の仕組みを理解する上で重要な手がかりになると期待されます。

実験装置名
ガマアンコウの耳石が感覚細胞に接触して発生する神経活動の電気信号を記録して持ち帰り、分析します。
 
 

戻る
JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ